右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

スポーツ

右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

エンゼルス・大谷翔平(24)が、日本の医師にセカンドオピニオンを求めたいという。


米経済誌「フォーブス」(電子版)は16日(日本時間17日)、大谷が球団に「手術を決める前に(日本ハムのチームドクターである)同愛記念病院の土屋正光名誉院長の診察を受けたい」と申し入れたと報じた。
記事によれば、同院長は昨年11月、大谷の右肘靱帯に「グレード1」の手術を必要としない損傷があると診断。
同箇所がさらなる損傷を負った場合には、肘の腱を修復するトミー・ジョン(TJ)手術が必要になるとの所見だったという。


■劇的な回復は少ない

大谷は今月5日(日本時間6日)にMRI検査を受け、新たな損傷が発覚。
エンゼルスのチームドクターからTJ手術を勧められている。
手術が必要というチームドクター以外の診断を求めているということは、できれば手術は避けたい、メスを入れずに済むなら、それに越したことはないというのが本音に違いない。


TJ手術を受ければ、打者なら早ければ半年ほどで復帰可能だが、投手としてはリハビリに1年以上を要する。
二刀流の完全復活までに時間がかかる上、故障前と比べて確実にパフォーマンスが向上する保証がないからだろう。


これまで海を渡った日本人メジャーリーガーの多くがTJ手術を受けているが、劇的に回復したケースは少ない。
3度も手術を受けた大塚(レンジャーズ他)、松坂(レッドソックス=現中日)、和田(オリオールズ=現ソフトバンク)らは、復帰後も全盛期の投球とは程遠い状態だった。
ダルビッシュ(カブス)にしても球威こそ戻ったものの、今季は右肘に新たな炎症が見つかってクリーニング手術を受けている。


そこへいくと田中(ヤンキース)はメジャー1年目の14年に右肘靱帯を損傷したものの、手術を回避して保存療法のPRP注射を選択。
今季で5年連続12勝以上をマークし、いまやチームではエース右腕セベリーノに次ぐ位置付けである。


大谷がそもそも体にメスを入れることに対して消極的なのも事実だ。
16年の日本シリーズで右足首を痛め、オフの手術が検討された。
開幕に間に合うし、30分程度の手術だからだが、それでもシーズン後に先送り。
メジャー移籍が決まってやむなく手術に踏み切った経緯がある。


本人がセカンドオピニオンを求めているくらいだから、肘が痛くて投げられないとか、靱帯が完全に切れているわけではもちろんない。
それだけに手術を回避し、来季以降もできれば二刀流を継続したいのだろう。


■打者専念のプレッシャー

球団はしかし、大谷に一日でも早くTJ手術を受けさせたい。


チームドクターの「手術勧告」がなによりの証しだし、「ショウヘイは来季、投げない」というソーシア監督の発言もおそらく球団の意をくんだものだ。


大谷は右肘靱帯に日本ハム時代からグレード1の損傷があり、6月には別の箇所の損傷が発覚して離脱。
そして今回はさらに新たな損傷が見つかったわけで、大谷の右肘靱帯には都合3カ所の損傷があることになる。


今季は6年契約の1年目。
あと5年、大谷の保有権を持っているエンゼルスにしてみれば、現状のまま恐る恐る投げさせるより、できるだけ早い時期に右肘を万全な状態にしてもらいたい。
TJ手術は若ければ若いほど効果的というデータもあるからだ。


「球団はソーシア監督を通じて、仮に大谷が手術を避ける決断をしたとしても来季は打者専念、右肘が不安な状態のまま投げさせるわけにはいかないと本人にプレッシャーをかけているのです。
来季、どのみち二刀流ができないなら、さっさと手術を受けた方が得策だぞとね」とは現地特派員のひとりだ。


オフに手術をすれば来年の開幕は微妙でも、シーズン序盤から打者として復帰できる。
大谷は守備で投げる必要のないDHだし、左打者にとって右肘のトミー・ジョン手術は左肘の手術よりも打撃への負担は少ない。
来年は打者に専念させ、二刀流復活は再来年の20年というのが球団の青写真なのだ。


手術するしないは最終的に本人の決断でも、起用法に関してはあくまでも球団が主導権を握っている。


つまり大谷が手術を避け、来季は投げられると言ったところで、球団から野手に専念するように言われたら従う以外にない。


「来季は野手専念」という縛りの中で、大谷の出す結論に注目だ。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000006-nkgendai-base

「右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:41:40 ID:c23f71fb6

    TJ手術自体は9割方成功する。手術後に完全復帰出来なかった投手の大半が手術後のリハビリを焦りから早めてしまう為に上手くいかないらしいけどね。大谷は手術を避けたいというか通訳を通じてじゃなくて日本語で話せて信頼出来る医者から聞きたいんだろう。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:27:13 ID:60ca7a75a

    どんな選択をしても、応援する気持ちは変わらない。納得いくまで専門家に相談すればいいさ。個人的には、手術した方がいいように思うけどな。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:46:40 ID:7e2d8b839

    これはフォーブスの配信記事を元にした全部妄想これで事足りる売り文記事の全内幕

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:33:28 ID:387de4cb9

    ゲンダイの記事だと大谷は手術を回避したいからセカンドオピニオンの診断を希望ってなってるが、別の報道だと手術実施は決めたが確実に手術の方がいいのかをセカンドオピニオンの診断ではっきりさせたいと180%逆の内容なんだよな?さて真実はどっちかな?w

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:12:12 ID:6c26052e4

    大谷もマー君くらいの損傷で済んでいたら手術は要らないと言われたのかもしれないが大谷の靭帯損傷のグレードはマー君を上回る上に新たな損傷が検査のたびに見つかっている状態だよねマー君の靭帯損傷は部分断裂で軽いのかわからないがそもそも手術を勧められてもいなかったよこのことからも大谷のほうが程度が重いのは明らかで、マー君の件はこれに関してはモデルケースとはならないな

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:53:38 ID:ca6979a13

    土屋先生の診断結果に従うまで。診断結果がどうであれ、後は前進のみ。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:03:43 ID:23f5dbdc5

    オフに手術をしても打者だけなら5月には完全に復帰できる来季は打者に専念翌年からまた投手も出来るなら決断して手術を受けた方がとは思う

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:37:37 ID:2f1fcef83

    誰も答えは分からない、納得して判断して欲しい。いずれにしも打者として来年も観られるだけで満足。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:40:58 ID:e5b038488

    手術を受けても受けなくても来期は登板しないのなら受けた方がいいね。ストラスバーグやウェインライトなど、術後にサイ・ヤング賞級の活躍する例もあるし、何より大谷はまだ若い。今後のことも考えると今受けた方が良いと思う。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:00:37 ID:41291ca69

    球団の意向はごもっともだね。球団からしたら、お前を取ったのは投手もやれるって言ったからだぞ、というものだろう。それがちょっと投げただけで、肩がヒジが~は、約束が違う、聞いてないよ~、さっさと治して投げろ。入団前に投げたい、投げさせろ、と言ったのはお前だろ?という姿勢だろうね。大谷はメジャー球団を選ぶ際に、二刀流をさせてくれる球団、にこだわったはず。それが今になって自身の肉体にメスを入れるかどうかの瀬戸際に追い詰められてしまい、裏目に出ているのは皮肉としか言いようがない。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:15:17 ID:d9aec7bb4

    大谷が好きなようにやったらいい。自分の人生なんだから思い切ってやって欲しい。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:39:38 ID:68e3d139f

    手術して、ドラスティックに変貌し、球速も維持し、長年活躍できた!と言う例が多いとは言えない実情です。難しいよなー。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:59:40 ID:1d57efc08

    野茂ってグレートだよね。メジャー行って毎年ちゃんと投げてたもんね。成績はいいシーズンもよくないシーズンもあったけどさ。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:02:34 ID:3c66b7cfa

    絶対手術は避けるべき。投手と打者の二つの才能が壊されるよ。手術をしても、復帰に打者半年、投手1年半とはならない。日本人の場合、完全回復にはもっと時間を要するらしい。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:55:34 ID:fb3a3c91b

    過去の全事例を鑑みて結論を出す」は当然だろうけど身近な田中とダルビッシュ、松坂なんかの現在をみるとメスを入れるのちょっと逡巡するよね。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:39:08 ID:b5b5acd41

    手術は避けたいのは当然で、その前に日本の医師のセカンド・オピニオンは当たり前の話しです。球団の中国系医師なんて全く信頼出来ません。然しながら、エンゼルスも、ソーシア監督も大谷翔平選手を、大切にしてくれているのは感謝しかありません。日本人の宝、誇りですから大谷翔平選手は!しかし、相変わらず、日刊ゲンダイの記事は悪意丸出しですね。恥ずかしくないですか、?こんな記事を書いて️大谷翔平選手に失礼です。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:49:06 ID:1ddafac0e

    アメリカに渡った先発投手ってほとんど肘やるよね。登板間隔とか日本人にあってない?ダルくんもツイートしてたけど。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:56:01 ID:509bc189a

    手術を受けた選手はたくさんいて。。個人の体質それぞれの程度や損傷具合は様々で。。その後活躍した人しない人。。どうするのがその人にとって正解か正直分からない。。とことん納得したうえで決めてほしい。。。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:26:27 ID:7003ce8f4

    二刀流を続けたいなら迷わず手術だと思っていたがどうやら大谷がエンゼルスのチームドクターを信じ切ってないようだね。球団の意向通りの診断結果しか出さないはずだから信用できる医師のセカンドオピニオンを求めたわけか。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:42:39 ID:f7ff2c15c

    選手生命を左右する決断、球団の意向も選択肢の1つ。後悔のないように選択して欲しいですね。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:35:12 ID:8c3c35149

    ケガをする、損傷が見つかると言うことは、本来人間が耐えれる負担を大きく上回る負荷がかかってるからなんだろうね大谷は体格にも恵まれている分、運動エネルギーも大きく、あの若く恵まれた体格ですらその運動エネルギーには耐えられないんだろうねやはり165kmの速球を投げて、20本塁打記録すると言うのは人知を超えていると言うことか彼の身体の事だからこそ周りも彼の意見を1番に尊重して欲しい。今後も大谷が伸び伸びとプレーする姿を見たいですね

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:23:02 ID:c9c30433d

    前提条件プログラム注射ガンバレ

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:37:22 ID:9dee6504a

    とにかく本人が納得しないと始まらない。大谷選手の野球人生は大谷選手が決めます。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:02:30 ID:ceac3dd90

    ピッチャーとして再起をするなら手術は避けられないんじゃないかな?最も信頼するお医者さんに背中を押してもらいたいんだと思うよ。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:01:48 ID:729999e19

    松坂のあの変わり様を見たら、そら怖いだろ。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:10:27 ID:63ec956b7

    球団の意向なら、手術はほぼ決定てか、マジで他に方法ないんかよ

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:50:12 ID:b265197ea

    そろそろ、再生医療で、どうにかなら無い時期に来ないかな?医療の進歩で。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:35:05 ID:d8951a95e

    確かに日本人は良いイメージのある手術じゃないね。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:42:03 ID:55f8ae41e

    田中の場合は1回の損傷でそれ以降再発がないから程度が軽いとされている。大谷の場合は6月に発症してその約3ヶ月後に再発してるので症状はかなり重い。目の前の試合を考えて手術をしたくないのはわかるが、今後ますますガラスの体化したら一気にダルビッシュ、岩隈路線に向かってしまう。TJは早くやった方が何とか取り返しがつくからやった方がいいと思う。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:56:11 ID:bbc6dfa50

    出来れば、できるだけ避けた方が良い。貫き通す意志も大切、術後に長く活躍した投手は少ない。投手生命は短くなる。2刀竜も逆に短くなる。ノーランライアン投手の引退までメスを入れなかったことを、参考にしてみたらどうだろうか。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 11:24:58 ID:f2578ef4d

    >オフに手術をすれば来年の開幕は微妙でも、シーズン序盤から打者として復帰できる。復帰できるのと活躍できるのは別物。来春のキャンプ・オープン戦に参加せずにいきなりメジャーの打席に立たせるのか?今年8月に復帰したのとは訳が違う。手術するのであれば来年はリハビリに専念し完璧に投球できる状態に戻すのが先決で打者出場は欲張りすぎる。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:41:40 ID:ea3812081

    野手専念で良いじゃないですか!メジャーで三冠王とか、本気で目指して欲しい。そしたら毎日見れるし笑

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:19:41 ID:9f7f3c1ed

    TJ手術はほとんどが成功して逆に球威が上がる事もあるって言われてるけど日本人に関しては誰一人うまくいってないのなら回避が正解でしょう。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:02:41 ID:157a8c787

    とりあえず、そこまで焦って決めずセカンドオピニオンの結果まで待ってあげれば良いのでは?

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:49:26 ID:2a020ad58

    大谷のパワー、筋力に体の細部が耐えきればいということか。手術は最近いい結果を生んではないが、切れてしまっては元も子もないので、やるしかないんだろうなぁ。打者専念でもいいと思うけど。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:03:46 ID:d72cf6e21

    速球の選手には多いと聞く損傷短期間に度々起こるということは肘全体が劣化してるとも取れる手術しかないと思うが。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 09:56:09 ID:579424e56

    日本でも診てもらって手術が必要って言われれば大谷も納得するやろな。まぁここは静観やな。良い方に転がることを祈っとくわ。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/19 10:32:39 ID:7ec9bc067

    ケンダイ…

まとめ

ケンダイ…

以上、右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕のまとめでした。


Source: Its a Sports World !
右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕