大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃

スポーツ

大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃

大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃

“なおみフィーバー”はほぼ全開!?女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第3日(19日、東京・アリーナ立川立飛)、シングルス2回戦に登場した全米オープン覇者で世界ランキング7位の大坂なおみ(20=日清食品)が同30位ドミニカ・チブルコバ(29=スロバキア)を6―2、6―1のストレートで下し、準々決勝に進んだ。
凱旋試合を圧倒的な勝利で飾りフィーバーはさらに過熱しそうだが、一方で先週に「ほぼ」の2文字をめぐる騒動が勃発して話題を呼んだ。
その意外な顛末とは――。


全米オープンを制し、日本人初の4大大会(グランドスラム)シングルス制覇を成し遂げた大坂が、序盤からその力を存分に発揮した。
第1セット第1ゲームで相手のサービスをいきなりブレークすると、その後も強烈なサーブ、リターンを武器に圧倒。
5―2で迎えた第8ゲームには15―30から150キロ台のセカンドサーブでエースを奪うと、ここから3連続サービスエースで、第1セットをものにした。
第2セットに入っても勢いは衰えず、わずか59分で決着。
試合後の会見では「今日の内容は80%ぐらい。
自分の限界が分からないので100%とは言えないが、高いレベルの試合ができた」と、自身のプレーを振り返った。


凱旋試合の初戦で圧巻のプレーを見せた大坂が手にしていたのは「ほぼ市販品」として話題を集めているヨネックス社製のラケット「EZONE(イーゾーン)」だ。
14日には同社がこれまでの説明に誤りがあったとして、訂正のリリースを出した。


一部では大坂のラケットが市販品であるかのように報じられたが、リリースでは「同選手の要望に併せて調整を施しており、結果現在販売している商品とはラケットの形状やグロメットも厳密には異なっております」と説明。
メディアの取材を受けた際の説明が「事実と相違しておりましたため、正確なものではございません。
ここに深くお詫びして訂正させていただきます」(原文ママ)と謝罪している。


事情に詳しいテニス関係者は「ヨネックスは当初から『ほぼ市販品』としていたのですが、ワイドショーなどでは連日『ほぼ』を付けずに『市販品』と報じていた。
この状況にどう対処すべきか。
社内で検討を重ねた結果、あのリリースになったようです」と解説する。
市販品との違いは重さ、バランス、形状などいくつかあるが、いずれもわずかなもので「ほぼ」の2文字がついていれば、なんら問題のない状況だった。


同社では本紙の取材に、数日間、社内で話し合いがあったことを認めた上で「ご批判を受けることになっても、消費者の皆様の誤解を解くべきと判断しました。
実際には好意的な反応が多く安心しています」とコメントした。
スポーツ用品大手が「ほぼ」の文言について謝罪するか、何日も会議をするとは…それだけ、大坂の影響力が半端ない証拠だろう。


実際、その反響はすさまじい。
大坂が使用するEZONEには色違いのブルーとグリーンがあるが「大坂選手と同じブルーだけが全米オープンの後、4倍の売れ行きになりました」。
これまでにも同社のラケットがグランドスラムを制したことは何度もあるものの、これだけの売り上げ増は初めてだという。


大坂はこの日の試合後にコート上で行われたインタビューで、日本のファンからの呼び名を「なおみちゃんがいい!」と自ら笑顔でリクエストした。
圧倒的な実力に加え、愛らしいキャラクターでもファンの心をつかんでいるだけに人気はまだまだ上昇気配。
今後も本人だけでなく、その周辺からもさまざまな話題が飛び出すことは、ほぼ間違いない。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000002-tospoweb-spo

「大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:20:02 ID:6fa2172cf

    ヨネックスはちゃんと『ほぼ』って言ってたのに、その表現を使わずに市販品と報道したメディアが悪いだけのように思える。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:16:32 ID:529a618c4

    ヨネックス!!追い風が来たぞ、ここで儲けなきゃどこで儲ける!!

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:33:38 ID:cb1badc8b

    この記事を読むと謝罪しないといけないのはヨネックスではなくマスゴミなんだよな

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:17:32 ID:2f8fc8c25

    間違いなくほぼ市販品だね?モデルでラインナップするにもほぼ市販だからほぼ大坂モデルってネーミングでもいいかも

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:03:20 ID:d374b3ba1

    マスコミも沢松までも市販品ていったわけだからメーカーの責任どうのこうのはないと思う。ただこうやってきちんと発表することは逆に企業のイメージアップになっているから正解じゃないかな?

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:42:36 ID:f1641ac8c

    全然株価に反応なし!

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:27:33 ID:a5436984d

    なおみちゃんならほぼ市販品です…ニッコリ…何騒いでんのよ…正確に伝えるように!

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:22:30 ID:9be60fed2

    ということは、マスコミは事実を捻じ曲げることを日常茶飯事に行っているということですね。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:49:47 ID:594df5bd3

    市販品と違うのはプロが使うのは当たり前なような気がする。でもほぼって言葉抜きに一人歩きしたのはマスコミのせい。ちゃんと説明した企業の姿勢は評価できると思う。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:48:07 ID:d63555776

    プロのラケットは素材優先(軽さ)+重り貼付けて重量調整)で、耐久性など気にしないだろうし、180cmの上に、あの腕の太さですよ。私が購入したとしても飾り物かな。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:10:07 ID:6dd6c7121

    全ての責任はマスコミにある。謝罪するのはマスコミではないのか?まあ、テニスのラケットなんて、殆どの人には影響のないことではあるが、一事が万事でしょう。ほんとうにマスコミは信用できない。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:24:30 ID:d300ede64

    市販品だろうが、カスタマイズ品だろうがどっちでも良い。アマチュアプレイヤーだってラケットにこだわり持っててこのラケットが良い、あのラケットが良いとか言ってるんだから、大坂なおみと同じだからってそのラケットにする人はそこまでいないと思う。ちなみに友達は元々大坂なおみと同じモデルのラケット使ってて、今回の騒動でミーハーだねって言われるのが嫌だと言っていた。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:25:05 ID:9e4b7f970

    個人的には 選手の為に 微調整に応じてるヨネックスの評価があがりました。マスコミの評価はもともと低い評価がさらに下がりました。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:15:13 ID:e147f6264

    ヨネックスの説明に誤りがあったわけでもなく、謝罪の必要もないと思います。このようなリリースを出すのは、近年のネットでの炎上、叩きを警戒しての対応に他ならず、謝罪をすべきは正しく伝えなかったマスコミだと思います。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:29:11 ID:79ee1cfdf

    ソフトバンクが、ほぼスポンサー?

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:46:26 ID:4d3d99624

    真相?お前らマスゴミが騒いで飯のネタにして騒いだ

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:29:47 ID:44141ced6

    「ほぼ大坂モデル」って正式に命名して販売すればいい。うわついた企業ならそうするでしょう。でもいっときのウケよりこのような誠実な対応をしたことが結果何倍もイメージアップにつながってます。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:57:25 ID:fdf6b38d2

    沢松奈生子さんは「多少手を加えてる。」てちゃんと言ってましたね。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:13:04 ID:3834a5c43

    「ほぼ」、、、最近某社の宣伝でも使われてるし、タレントが「ほぼ」「ほぼほぼ」などよく使うから、本当の意味のほぼが軽く扱われ、報道の中で欠落していったのかと。訂正したのは正しい判断だと思います。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:25:23 ID:6238295fd

    「ほぼ市販品」と「市販品」は厳密に言うと違うのだからここで断りを入れたおいた方が良いと考えたヨネックスは正しい判断をしたと思う。まぁぶっちゃけ全く同じラケット使っても大坂選手のようにはならないから、実質大した問題ではないんだろうけどw

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:31:37 ID:4bda98d6a

    アマチュアはデザインが一緒なら十分よ。おそらくマスコミが適当に書いた記事が原因なのだから。それに仮にプロ仕様が出たとしても、一般的にスィートスポットが狭くてアマチュアには難しいだけだから。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:01:37 ID:4bc30a665

    マスコミが適当なのはいつものこと。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:32:22 ID:854048657

    すぐにソフトバンクのCMで大坂なおみが「ほぼ、ほぼほぼなんです!」ってザキヤマと掛け合いするに違いない。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:11:24 ID:3365bbbba

    ヨネックスは是非ナオミモデルのラケットを作って上げて下さい!

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:39:30 ID:612150c47

    たしかにワイドショーはどこも普通に売られている「市販品」というてたねこれもマスゴミお得意の「ねつ造報道」だと思う

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:20:01 ID:7cde7d195

    ほぼなおみちゃんは優勝して、ほぼ市販品と同じ型がまた売れ行き伸ばして、ほぼヨネックスは儲かるでしょう。それはほぼ確定ですね!

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:54:42 ID:13c2c6688

    同じものを使用したい気持ちはわかりますが、同じものはあり得ない。どんなスポーツでも市販品を使用していても自分好みに変えているところがあるでしょう?○○選手モデルということではないでしょうか?

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:31:13 ID:1a3293fbc

    ヨネックスは大坂選手が無名の頃からスポンサー契約していたそうです。これで安泰ですね。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:51:11 ID:cc4807038

    マスコミが悪い。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:35:40 ID:5eebe3ce4

    現代社会は、即謝罪!それ以外にない。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:52:57 ID:8cff78365

    批判される可能性があるのに、ヨネックスの対応は良かったのではないでしょうか。流行りと、インパクトばかり追いかけて、伝える側のモラルの無さが気になります。今の、メディアに正義を感じ辛い。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:33:13 ID:5aa8c608b

    マスコミには、正確に報道する規範が失われています。「ほぼ市販品」NOT=「市販品」は、当たり前ですがそれを簡単に「市販品」とするのは、大事な報道も簡単に同じ過ちがあることを示しています。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:46:23 ID:9886b8341

    間違いを流す、報道する。これって、゛ほぼ゛゛マスコミだよね。だから、信用出来ない。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 12:28:13 ID:4225b81ce

    これが報道の責務。ちゃんと伝えてくださいよ。台風情報もわざわざ雨風がひどい場所で中継し危険を煽るようタクシーを走らせるって運転手さん言ってました。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/21 11:20:17 ID:5df659714

    もしかして「ほぼ流行語大賞」?

まとめ

もしかして「ほぼ流行語大賞」?

以上、大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃のまとめでした。


Source: Its a Sports World !
大坂なおみのラケットめぐる「ほぼ騒動」真相ヨネックス社を直撃