ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期す

スポーツ

ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期す

ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期す

来季からレッドブル・レーシングにもパワーユニットを供給するホンダは、今シーズン残りのレースで、さらなるアップグレードを投入する準備を進めている。
ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、今季の終わりまで実験を続けると語った。


「今シーズンの終わりに向け、そして来年の準備として、実際にコース上で何かを試す機会があると思います」

そう山本部長はmotorsport.comに語った。


「我々はこのような試行錯誤をしたいと思っており、このチャンスをシーズンの後半にかけ使うことになると思います」

ホンダは今シーズン、他のメーカーと比較して、多くのコンポーネントをトロロッソふたりのドライバーに投入してきた。
これは、戦術的な理由によるところが大きい。


しかし、ホンダの母国である日本GPで、グリッド降格ペナルティを受けるのは避けたいところ……そのため、今週末のロシアGPでアップグレード版のPUを投入するのは、理に適っているとも言える。


一方で、アメリカGPまでそのアップグレード投入を先送りすることもできる。
なぜならこのアメリカGPには、トロロッソも車体にアップデートを投入予定であり、相乗効果を期待することもできる。


またパワーユニットのアップグレードは、通常ならば各コンポーネントを変更する形で投入される。
しかしながら、補助的なパーツを導入することで、効率や軽量化を追求することもできる。


レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダの大規模な設備とその豊富なリソースを賞賛。
来季に向けた期待感を語っていた。


マクラーレンのパートナーとして2015年にF1に復帰して以来、ホンダはパフォーマンス面でも、信頼性の面でも、満足いく性能を発揮できていなかった。
しかしながら今季トロロッソとの戦いでは、その両面が大幅に改善。
これがレッドブルがルノーと袂を分かち、来季からホンダと組むことを決断させる上で重要な役割を果たした。


またバーレーンGPでは、ピエール・ガスリーが4位に入り、ホンダのF1復帰後最高位を更新した。


これらの前進は、ホンダが組織を改革した好影響だとも言われる。
今季から田辺豊治がF1テクニカルディレクターに就任、浅木泰昭がパワーユニット開発責任者に就いた。


「我々は今年に向けて組織を変更し、サーキットでの作業と開発の役割をハッキリさせました」

そう山本部長は語る。


「ふたつの主要な構造があります。
我々はその両方を強化し、田辺と浅木の両方に強いリーダーシップを持たせました」

「我々の施設も含め、以前よりも良い形になっています」

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000011-msportcom-moto

「ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期す」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:53:14 ID:0eeaf8dc0

    The Power of Dreams Honda

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:42:37 ID:7685abedc

    レースは走る実験室だ!どんどん新しい物を投入し実験してくれ

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:56:22 ID:4b85dca53

    来年の事を考えれば速めに投入してデーターを蓄積した方が良いし、ロシアで動作確認してから鈴鹿へ行きたい、鈴鹿で降格ペナルティーなんて御免だ。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:42:59 ID:b60f5ec3c

    結果で証明してください(ღˇᴗˇ)。o

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:47:20 ID:47377c038

    いくらベンチでテストをしていると言っても実践に勝るものはない!実践テストあるのみ!

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:07:28 ID:d9ef04378

    来年のために、毎戦、違うスペックのPUを搭載するぐらいの勢いで、開発して欲しい。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:59:30 ID:2c366b6b3

    言い方は悪いが、今期はトロで充分なテストをこなして充分なデーターを出してもらいたい。順位や結果にとらわれず来期開幕のレッドを良い成績で飾ってほしいね。ガスリーは喜んでテストしてくれると思う。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:47:51 ID:383496b72

    セナ、プロ時代のホンダひとり勝ち時代が懐かしい。来年が楽しみ!

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:43:13 ID:d3d137fd8

    それで良い。いっそ日本GPでも新型PUをアップデートさせて、最後尾から何台ちぎれるか試したって良い。目の肥えたモーターレースファンならそれでも納得するよ。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:12:35 ID:ed05998df

    来年に向けた実験をするならハートレーの来シーズンのシートを保証してほしい。でないと何もフィードバックされないと思う。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:00:59 ID:4db4b08bd

    グリッド降格しようが無かろうが毎回似たような位置からのでリスクもクソもない。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:48:57 ID:5a34e4a90

    もう投入できる状態でマシンとの関連を考えてるんですねいいタイミングで投入してください

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:26:35 ID:8cbe6bd70

    相乗効果じゃなくて個々の効果を確認するほうが大事よ。だからPUはロシアからに決まってるよ

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 22:07:01 ID:67b780d56

    こーりゃ日本GP行かなきゃ 近いし 色々面白そう

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:03:55 ID:342961727

    シャシーや空力セッティングに問わず、PU性能のベンチマークテストの為にもアメリカGPとは投入時期を変えるべき。または2台のマシン交互に新PUを投入して性能差分析をするか、一方のみにどんどんPUを投入し、もう一方ではセットアップの成熟を担わせる方が来年に向けたテストとなるだろう。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 22:02:30 ID:a0a8052f8

    正直鈴鹿でペナルティ避けたところでたいした成績期待できそうもないから、余計なこと考えずに来期のためにガンガン実験するべきだと思うけどな

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:51:10 ID:637adc965

    ん?ロシアでスペック3の投入が決定した?更に改良版PUを今シ-ズンでテストするって事は、後、何レ-スかでペナルティOKをレッドブル&トロロッソがOKしたって事だね?もうレッドブルグループは、来年にシフトしたって事だね?

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:48:56 ID:b0795ccfc

    とりあえずロシアでPUアップデート投入で具合を見せてくれ。アメリカまで待てないぞ。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 22:00:10 ID:565be36e2

    ホンダのPUは限界域だけに同資本同士のレッドブルからシャシーのアドバイスなどを受けられるといいね。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:29:24 ID:bdef33004

    アップデートは、それぞれ別々のタイミングて投入した方が正確な評価がしやすいので、PUはロシアで、シャーシはアメリカで投入する方が良い。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:05:46 ID:9856ea5ac

    実際 レッドブルの選択しは ホンダしかなかったと思う逆に考えれば ホンダにしてみればチャンス到来 活かしてもらいたいです

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:58:12 ID:68224a15e

    後発のホンダが苦戦したのは、ホンダ自身はもちろんだが、自らの誤ちを認めようとしなかったマクラーレンにも責はある。トロロッソに波があるのも、同じようなことが起きていなければいいなと願うばかり。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:32:55 ID:305cb1897

    正直なところ大和魂見せてもう少し頑張れ。これが日本人の本音だろう 今の状態は最低のレベルだ。これで終わったら一生の恥だ。成果を出すまで日本に帰ってくるなと思う。厳しい言葉だが、これが君たちに送る最高のエールだ。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:08:34 ID:5423f4064

    シャシーのアップデートと同時投入したらセッティングも難しくなるし効果も見えにくくなるから別スケジュールでの投入がいいと思う。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:29:37 ID:975ef5ee4

    鈴鹿でもどこでも、必要なときに投入したらいい。入賞可能性が高いサーキットなら別だけど、今季はそんなに期待していない。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:46:32 ID:622519f3f

    そろそろロシアでスペック3投入!ってニュースが見たいんですけど

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:05:45 ID:645343964

    ではまずは今週末と見て宜しいですね?

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 22:17:09 ID:d4aabf6d2

    アメリカで同時アップグレードするよりロシアでPU・アメリカで車体って分けた方が、問題発生時に原因の特定をしやすいだろう。ロシアで新PUを望む。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:04:30 ID:cdda9d8d5

    出し惜しみする理由も無いし例え小さなアップデートでもどんどん投入した方が来年に向けても良いと思う。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:06:12 ID:90eacfbb5

    鈴鹿ではペナルティは勘弁して欲しい。来季のためのアップデートはどんどんやって欲しいけど。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:55:25 ID:198c2cd8f

    アメリカGPで投入予定の車体アップデートはレッドブル開発の来季用ソリューションで間違いないだろうね。劇的な戦闘力のアップがあるのかどうかは分からないが見た目にだいぶ変わる可能性もあるね。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:53:18 ID:4ed9d97ca

    いけいけー!明日勝つ為なら今日負けたって良いんだよ!新しい事をやって失敗して負けても、それが明日への糧になるならそれが正しい!今のホンダは、リスクを恐れてステイ出来る様なポジションじゃないんだからおやっさんの時代には、消費者すら実験台だったんだから(笑)

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:15:49 ID:16f4074a4

    噂の35馬力ほどパワーアップし、且つルノーの最新版スペックCを上回るアップデートですね。更に来期に向けて実験的なものを載せるというから楽しみです。燃焼技術(ジェットイグニッション)の更なる効率化を図った実験やフリクション低減の新技術等でしょうか。スペック3に期待です

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 22:02:01 ID:6399feb71

    失う物は何もない、積極的に攻めた開発をすべき!

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:42:27 ID:72f595b1b

    ソチでのスペック3、楽しみにしてます!35馬力だと、約3.8%のパワーアップだが、宴会モードは搭載出来たか気になります…。シャーシやエアロのアップデートも気になりますが、セットアップ決められるか心配ですね。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:02:41 ID:cc7627480

    時代は変わったかもしれないが、16戦15勝したホンダを知っている世代なんで。最強のホンダを蘇らせてほしい。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 21:06:49 ID:b800caed9

    マシンはカッコいいんだけどな。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/26 20:40:41 ID:6fbbf4888

    鈴鹿でマクラーレンに勝ってほしい

まとめ

鈴鹿でマクラーレンに勝ってほしい

以上、ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期すのまとめでした。


Source: Its a Sports World !
ホンダF1、今季残りのレースで来シーズンに向けた”実験”を検討。レッドブルとの関係スタートに、万全を期す