仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”

スポーツ

仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”

仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”

角界関係者らが予想した通りの結末を迎えた。
昨26日夜に明らかになった、元貴乃花親方(花田光司氏=46)の離婚である。
関係者の間ではかねて、1995年に結婚した元フジテレビアナウンサーの景子夫人(54)との不仲が囁かれていた。


9月25日の電撃的な貴乃花の親方引退会見以降、女性誌にも「別居」「離婚秒読み」と盛んに報じられるようになると、週刊文春(10月18日号)誌上に夫婦揃って登場。
景子夫人が貴乃花の相撲人生を振り返り、

「“相撲人”として歩んできたこの三十年間は、本当に素晴らしかったと思っています。
(退職は)その主人が、自分で決断したことなんです。
私は百パーセント、それを受け入れています」

「一人になっても戦ってきた主人には、肩の荷を下ろしてもらって、これから外の違った世界をたくさん見て欲しいと思っています」

と、夫婦の変わらぬ信頼関係を強調すれば、貴乃花も、

「現役時代から些細なことですぐ不仲だなんだと書かれたりしましたし、慣れっこではありますけど、私たち夫婦の何が分かるんだと思いますよ」と、不仲説を一蹴。
ブログでも景子夫人との笑顔のツーショット写真を公開するなど、円満をアピールしていた。


が、その直後の先月25日に2人は離婚。
日本テレビの取材に「お互いの夫婦関係を卒業しようと2人で話し合って決めた」と認めた貴乃花が自ら役所に離婚届を提出した。


「相撲協会を退職する前後から、貴乃花は後援者らに『あいつら2人が何を考えているのか分からない。
信用できない。
ロクなもんじゃない』と景子夫人、それと靴職人でタレント活動もしていた長男の優一に対するグチを吐き捨てるようになっていた。
週刊文春で夫唱婦随を演じながら、その時点ではすでに夫婦関係は破綻していた。
一部週刊誌で報じられた景子夫人の異性関係は真偽不明ですが、自分に内緒で離婚訴訟を始めた長男のことも含めて、家族に不信感を抱いていたのは事実です」(元タニマチ)

■貴景勝の初Vに冷水

折しもきのうは、11月場所を制した元弟子の貴景勝が初優勝の一夜明け会見。
無数のフラッシュがたかれる中、大関とりとなる来場所への意気込みを聞かれ、「たまたまと言われるのか、これが最初の優勝と言われるのか。
自分の長所を伸ばしたい」と静かに意気込んでいた。
よもや、元師匠の離婚で晴れの日に水を差されることになるとは思わなかっただろう。


そんな夫婦間の亀裂が決定的になったのは、今年2月の理事候補選だったという。


貴乃花は日馬富士暴行事件での対応を問題視され、年明けに理事を解任された。
かつての同志だった伊勢ケ浜親方に加えて、山響親方もたもとを分かった。
理事候補選を前に、一門内からも離反者が続出。
彼らの支持を得た阿武松親方の立候補も決まった。
返り咲きを狙って理事候補選に立候補したとしても、落選するのは火を見るより明らかだった。


「女房の反対を押し切って選挙に立候補、わずか2票しか獲得できずに落選したことが決定打になった」と、ある親方がこう続ける。


「貴乃花は日馬富士暴行事件をきっかけにクーデターをもくろんだものの失敗、理事の地位まで失ってしまった。
それでも臥薪嘗胆、黙って復活の機会をうかがっていれば将来、日の目を見る可能性もゼロではなかった。
だからこそ女房も立候補に反対したのでしょう。
けれども選挙に出て、しかも惨敗、協会内で完全に支持を失ったことで、その可能性もなくなったわけですから」

貴乃花はかつて、協会内外で絶大な人気や支持を集めていた。
将来的には理事長のイスも手に入っただろうに、急くあまり事を仕損じた。


「貴乃花はひとりで突っ走った揚げ句、協会まで辞めることになった。
女房にしてみれば、理事長夫人の座は完全に吹き飛んだうえ、定期的な収入も期待できなくなったわけです。
自らは会社を立ち上げ美容品のプロデュース、販売などをしているほか、講演もかなりの数をこなしている。
もはや仮面夫婦を続けていくメリットはなくなったのでしょう」(相撲担当記者)

カネの切れ目が縁の切れ目。
貴乃花の方が女房に三行半を突き付けられたというのだ。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000025-nkgendai-spo

「仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:07:17 ID:7bf6c9291

    >「現役時代から些細なことですぐ不仲だなんだと書かれたりしましたし、慣れっこではありますけど、私たち夫婦の何が分かるんだと思いますよ」 と、不仲説を一蹴。大学の先輩で親近感があり、彼女に対して悪くは思いたくないけどこれですぐ離婚とか、本当にもう少し考えたら?って思う。結婚したときも、頑なに妊娠してないって言い通して、4ヶ月後に出産とかさ。嘘つくくらいなら、黙ってればいいのに。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:26:49 ID:465ddad0f

    まあこれで貴乃花も肩の荷が降りてすっきりしたでしょ

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:17:15 ID:a1cf1a9ea

    息子って芸能界クビしたらしいね。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:13:07 ID:6b7446857

    相撲協会と契約を結んでる日刊ゲンダイ黙れ

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:05:52 ID:b9dcc08c2

    貴乃花親方は、例え離婚してもお兄ちゃんの若乃花みたいに貴乃花親方が倒れないで信じた道を今後も進めるように支えてくれる素晴らしい女性と巡り会えて幸せになれるよ。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:11:32 ID:5983719ab

    年上計算高ババアより宮沢りえと結婚すべきだった

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:13:56 ID:14bf4245e

    痛みに耐えてよく頑張った!離婚した!

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:40:04 ID:5c9bdef9e

    親兄弟さらに妻、相撲界からも見放されたってことだな全て悪い方に孤独な方に自分で苦しい道筋を作っているなんとも頑固な性分だ。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:42:50 ID:816eaf4c8

    日刊ゲンダイ貴乃花の離婚が嬉しいようですね、また貴乃花批判の記事が書けるので喜んでいる、何故貴乃花批判の記事を載せたいのかな。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:25:54 ID:7f19578c0

    仮面夫婦なんて、いっぱいいるでしょそれぞれいろいろあるしべつにいいんじゃないの?まだ人生あるんだし

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:06:55 ID:791eb8975

    如何にもゲンダイらしい。骨の髄まで、しゃぶるつもりですね。気持ち悪い、吐きそうです。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 18:00:14 ID:7313148a2

    結局、彼女が欲しかったのは「歴史と伝統のある相撲界の親方」だったのだろう。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:13:38 ID:d8e2d1b9a

    あの長男は完全に母親寄り。貴乃花は究極の職人。あんな半端な息子などハナから認める訳がない。かと言って有名大学入れるほどの頭も無い。そのうち薬物で挙げられるのが関の山

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:14:08 ID:22c78aa3f

    >貴乃花は日馬富士暴行事件をきっかけにクーデターをもくろんだものの失敗「クーデター」という言葉の意味をわかってない奴に限ってこういう書き方をしたがるというサンプルみたいな文章。まぁゲンダイの記事じゃ仕方ないけども。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:18:09 ID:699e4c331

    嫌々ゲンダイくだらないわぁ。ちゃんとした記事書く記者いないの!毎回臆測記事多すぎ

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:02:48 ID:c69a941a4

    女将さんの器じゃなかったしね……親権は貴乃花ってちょっと良かった気がする

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:23:54 ID:d9dc81b8b

    「元師匠の離婚で晴れの日に水を差されることになるとは思わなかった」水を差す様な記事を挙げるなよ。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:21:20 ID:6ffcd8d42

    仮面夫婦はこの夫婦だけじゃないよ、蓋を開けてみればたくさんいる

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:36:49 ID:34b3e0bb2

    ずっと別居で、もう子供も大きくなったから離婚してお互い好きなことをすればいいのかな。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:42:16 ID:ee9d36adc

    まあ横綱としては素晴らしいが、一般常識もない変人みたいなところもあったから愛想をつかしたかも。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:14:34 ID:676d81a4e

    日刊ゲンダイの記事ってすぐわかる(笑)内容は笑っちゃう程、アンチ貴乃花だもの!

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:17:29 ID:5e0e9511a

    そもそもアンバランスな夫婦だったからなあ花田さんは若い女性と再婚して、今度こそ貴花田2世を誕生させるべき母親の意向だったのか知れないけど長男の優一氏にはガッカリだった

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:20:37 ID:4e9f09a1f

    貴乃花が貴ノ岩の怪我に乗じててっぺん(理事長or執行部返り咲き)を取りに行ったのは正しい認識だと思う錣山親方や山響親方や、仲間がいたはずなんだけど気が付いたら誰も居なくなってた仲間の推薦する阿武松親方を推す気もなく、自分が選挙に立って落ちた。当然の帰結仲間の意見は聞き入れないのに、自分の言うことは聞いてくれって誰が付いてくるよ?そんな人に。嫁さんには、いの一番に大事なハナシをしなきゃいけないけれどおそらくほとんど黙ってたんだろうなと想像

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:08:22 ID:e26de95b9

    なんかいろいろスッキリした様子。ゲンダイの寝言に惑わされず、平穏な幸せを手にしてもらいたい!

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:05:20 ID:ce14484cc

    貴乃花頑張れ!応援してるよ!

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:25:48 ID:2bd02fde7

    貴乃花の周りからは色んなものが消えていくよな。貴乃花も八角も河野景子も我が強いからだろう。お互いに自分のことしか考えなかった結果、味方の少ない貴乃花は孤独化していったんだろうね。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:51:16 ID:c1adac79f

    そもそも、相撲部屋の女将さんが、部屋に住まずに「通い」なんて、信じられなかった。 他人様の大事な子供を預かりながら、女将さん不在なんて、預ける側は到底信用することは出来なかったと思う。 あの時、宮沢りえと一緒になってたら、と考えてしまう。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:41:46 ID:7425a4fd3

    ゲンダイらしい記事色んな憶測は誰にでも出来るしネタは沢山あるさそりゃでもね、、、貴乃花が難しい人なのは解るけど、夫婦のことは夫婦にしか解らないよ長年一緒にいれば色々あるのが普通だからねましてや横綱、親方の妻でありおかみさんでなくてはならないんだから先代もお兄ちゃんも離婚してるし、離婚のハードルは高くはなかったのかもね

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:40:49 ID:922eb9cbe

    景子さんのもくろみは「理事長夫人になること」だったのでしょうね。私利私欲のある人が、生き方不器用な貴乃花の奥さまに収まれるはずが無い。景子さん、これからタガが外れたが如く芸能界に戻って来るのでしょうね。息子は…どうでもいいです。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 18:01:01 ID:3584ca229

    こういう時に支えて上げることのできない女性は、運命の人ではなかったということ。夫婦間に様々な事情はあったのだろうが、花田光司という、ひとりの男性を愛したのではないことは確か。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:10:17 ID:6dbcb7dc5

    今年は激動の年になったのは間違いないでしょうね…

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:35:32 ID:e2bd7bd49

    卒婚いいじゃない。子育て終わった夫婦には卒婚お薦めするよ。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:44:34 ID:13356e1f0

    近い人間が次々と去ってゆくのを見れば、貴乃花の人間性に大きな問題があるのは間違いない

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:19:05 ID:857d40288

    横綱で全盛期の頃に結婚した2人。8歳年上で、世間の多くが、花田光司ではなく横綱貴ノ花と結婚した、と思っていたから、金の切れ目が縁の切れ目っていうふうになるだろうと、分かってましたよ。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 18:02:59 ID:992d82538

    憶測の内容は置いといて…夫婦共々どっちもどっちな気がするが、貴乃花って頑固を絵に描いたような人だから、1度離婚と決めたら誰が何て言おうと離婚するしか残された道はなさそう。それを妻も知っているからおそらく受け入れたのではないか?と推察します。しかし、親も兄も離婚…家系で括りたくはないが、結婚生活は忍耐というが、耐えて自分の人生に自由がきかないくらいなら、別れて開放されるという方法=離婚と捉えていそうですね。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:48:44 ID:67c24497d

    この嫁は、息子を芸能界にいれて、自分も芸能界に復帰しようと思ってたと思うよ。ますだおかだの岡田の嫁と同じ考え

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:02:31 ID:def885b42

    それでも貴乃花の生き方はかっこよい。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:09:09 ID:87028280d

    狂ってる!

  39. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/11/27 17:09:24 ID:633865d30

    ゲンダイはいつまで貴乃花を叩くのかね

まとめ

ゲンダイはいつまで貴乃花を叩くのかね

以上、仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
仮面夫婦ついに…元貴乃花親方・景子夫人これが“離婚の引き金”