渡辺勇大選手、2018年大活躍!!!

スポーツ

ダブルス2種目で奮闘=渡辺、快活にひたむきに-バドミントン

2nitime1

バドミントンのダブルス2種目で2020年東京五輪のメダル獲得を目指し、渡辺勇大(21)が奮闘している。遠藤大由(31)との男子複では世界ランキング8位、東野有紗(22)=いずれも日本ユニシス=との混合複では3位。世界選手権優勝者やワールドツアーの年間成績上位ペア8組で争う12日からのファイナル(中国・広州)も両種目にエントリーした。
 一時は40位台に下がった男子複の世界ランクが、9月の韓国オープンを制すなどしてトップ10へと上昇。混合複では3月に伝統ある全英オープンで優勝し、11月には香港オープンを制した。渡辺は経験豊かな遠藤を尊敬しており、「もらったアドバイスは混合にも生かせる。混合が男子ダブルスにつながることもある」と相乗効果を口にする。
 瞬発力が抜群。躍動感あるジャンピングスマッシュで、身長167センチの体を大きく感じさせる逸材だ。東野は「勇大くんは天才。努力の天才だとも思う」と評する。2種目の練習を妥協せずにこなし、連係を頭にたたき込む日々。体力維持の秘訣(ひけつ)については「よく寝るし、よく食べるように努力している」。疲れた様子を見せず、快活に笑う。
 2日に閉幕した全日本総合選手権。昨年に続く2冠を狙ったが、混合複で王座を守った一方で、男子複は準優勝と、悔しさも残った。世界大会に向けて「気持ちを切り替えて、最善のパフォーマンスをしたい」。強豪との連戦で、コート狭しと駆け回るつもりだ。

引用サイト:jiji.com

https://platform.twitter.com/widgets.js
https://platform.twitter.com/widgets.js
https://platform.twitter.com/widgets.js
https://platform.twitter.com/widgets.js

渡辺勇大選手!

管理人も一時期、バドミントン競技から離れていたのですが、高校生の時の渡辺勇大選手のプレイを見て、バドミントン熱が再燃!!!

富岡高校2年生のときから渡辺勇大選手のファンですが、周りのバドミントン友達に伝えても「はいはい、いまだけよ」「実業団に行ったらほかの選手に埋もれるよ」など、悔しい思いをしたのですが、いまや国内タイトル総ナメ、全英混合ダブルス優勝など輝かしい成績を残すと、「ほらないったろ!」と周りのバドミントン友達にドヤ顔ができましたwww

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: バドミントン速報!バドミントンまとめサイト!バド速
渡辺勇大選手、2018年大活躍!!!