シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々

スポーツ

シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々

シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々

「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)

紀平梨花が初優勝を果たしたシニア女子の戦いに続いて行われたジュニア女子のフリーが極めてハイレベルな争いになった。
優勝したアリョーナ・コストルナヤ(15)のフリーだけの得点は141・66点でシニアと比べて1つ要素が少ないにも関わらず、シニアでも4位相当の得点。
合計点217・98点は、シニアで3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)の215・32点を上回った。
ジュニアは出場選手のうち5人がロシア勢。
2位のアレクサンドラ・トルソワ(14)はフリー140・77点、合計215・20点。
3位のアリョーナ・カニシェワ(13)はフリー129・48点、合計198・14点だった。


シニアの得点は以下の通り。


1)紀平梨花233・12点

2)ザギトワ226・53点

3)トゥクタミシェワ215・32点

4)坂本花織211・68点

5)サモドゥロワ204・33点

6)宮原知子201・31点

ジュニアの上位2人のレベルの高さがうかがえる。


トルソワは果敢に2度、4回転ルッツに挑んだがどちらも失敗。
しかし、続けて予定を変更して4回転トーループを着氷した。
また、コストルナヤは3回転アクセルや4回転ジャンプのない構成ながら、3回転ルッツ-2回転トーループ-2回転トーループ、3回転フリップ-3回転トーループで2点を超える出来栄え点による加点を得た。
コレオシークエンスがないジュニアの構成で技術点だけで74・37点を獲得。
シニアで概ね4点台後半が出るコレーシークエンス分を加えると、技術点78・21点の紀平に匹敵する数字と言える。


もちろん、スタミナや、そもそも同じ土俵で戦うことによる心理面の変化といった要素もある。
ただ、演技構成点の伸びしろ分も加味すると、新たな女王の座に就いた紀平の下の世代で、ロシアの強豪選手がひしめいているのも事実だ。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000067-dal-spo

「シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 12:53:21 ID:eefac33b7

    ジュニアもシニアも海外経由でみたけど、ジュニアは転倒大会だった。ジュニアは飛べるジャンプではく、完璧飛べるジャンプでないと、見てる方ががっかりするね。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:01:56 ID:c26aacf95

    オリンピックで女子の4回転が見れたら、と思うとワクワクします。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:05:05 ID:6d73e376d

    来シーズンはザギトワ以上の衝撃でロシアの15歳達に今のシニアは駆逐される。それは紀平も例外じゃないよ。絶望的なのは、日本のジュニアにトゥルソワレベルが皆無ということ。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:45:54 ID:485a4a879

    技術は進化すると言っても、史上最高レベルなのは間違いなしどの世代も同レベルで競い合えるライバルがいると伸びていいね

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:27:17 ID:0e0457d09

    綺麗に4回転跳んだら勝ちでしょ~トリプルアクセルよりは難度がかなり上来年から天下かもね

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:22:17 ID:fed5709f9

    ジュニアは所詮ジュニア。身体の成長に対応できるかがロシア選手は特に鍵

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 15:24:18 ID:138dbe852

    紀平さんは長くスケート出来るように今から準備してますしお母様が栄養学学んでいて彼女もお弁当作って食べたりして努力家ですし北京オリンピック頭に入れてますから頑張ると思います怪我なく成長して下さい応援してます

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:51:36 ID:d1d4a3573

    エテリはコストルナヤには天性のスケーティングの良さと表現力があるといっていた。無理にクワドを入れず完成度で勝負する選手とガンガンこう難度を飛ばせる選手の2タイプをそろえて北京を目指すのだろうな。今のところ紀平は両方をそろえる羽生タイプの天才に見えるけど一人でそれを背負うのは大変な事。気負わず北京を目指してノンビリとやってほしい気がする。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:04:49 ID:af33d8c45

    トルソワって凄いね。フリーのジャンプ構成3つも4回転入れてる。しかも4Lz2つも(今回はコケタが・・)男子でもなかなかできない~ぞっとする。ただ4Tは成功したけど紀平さんの3AのGOEが高いから得点が上。紀平さんの3Aの質の高さは素晴らしい。優勝したコストルナヤはジャンプの着氷スタイルが綺麗だし所作が美しい。個人的にはトルソワが楽しみ。シニアいっても4回転が跳べるかどうか?とても魅力的な選手。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 15:22:32 ID:31189678a

    女子体操界では、一時幼児体形の10代の若い選手が席巻していた。しかし、最近は体形変化を終えた20代の選手も高難度の技が出来るようになり上位にたくさんいる。女子フュギュアも体形変化を遂げた後も高度な技ができる選手の時代になると思う。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 12:52:38 ID:3964af29a

    今日の優勝に浸っている暇はないねんな。勝負の4年後にはザギトワもメドベージェワも、選ばれない可能性も有る位、大きな壁として立ちはだかるロシア勢。紀平ちゃん、頑張ってな!

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:06:42 ID:6ecdcec48

    大昔の日本における柔道のように「オリンピックで優勝するより国代表に選ばれるほうが困難」という時代になるのかもしれない。恐ろしい。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 12:49:39 ID:040b7757b

    リンク等の練習環境が整ってるのと、寒い所だから、お国柄ってとこかな。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:50:38 ID:75ebff332

    おそロシア。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:42:03 ID:0aeb30135

    真凛は、世界で戦うには厳しいな。紀平さん、ロシアのジュニア2人の底上げがあるし。終わりかな…

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:20:53 ID:d0d1f83af

    コストルナヤは、SPで2Aがすっぽ抜けても70点超える選手。しかし、クワドや3Aが跳べる選手が同年代に多い中で、ルッツループもクワドも跳ばない、才能のある彼女が、くさらずにやっていけるか心配だった。今回、どういうメンタルを保てばビッグタイトルを取れるのか、経験できたのでよかったと思う。コストルナヤは、粘り強く、辛抱したと思う。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 15:44:38 ID:4f8a8aea9

    恐ろしく早い世代交代!リプ→メド→ザギ→で、来季はコスか?トル?ってか?残酷過ぎるぜ、ったく。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:46:41 ID:58629d855

    4lzを構成に入れてくるのは本当に凄いと思いましたが、これだけクワドジャンプ跳べる選手でも、3Aは構成に入れていない。3Aがそれだけ高難度って事なんでしょうね。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 12:50:38 ID:3f2ebeed4

    スターが消えた後、日本女子フィギュア界を背負ってくれた宮原さん関連の記事がまったくないのもなんだか気の毒な感じです。確かに、回転不足を改めるのでなく回転不足が見えないようにする対策しかとれなかったのが敗因だとは思いますが。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 12:47:42 ID:3190b88c2

    今季JGPFは天才が3人もいるのだから、ハイレベルで当たり前。来季は現シニア選手をメダル圏内から一斉に追い払うのは火を見るより明らか。フィギュア革命は来季起こる。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:13:08 ID:2f0b379ad

    年金削ってまで軍事と国家発揚のスポーツに投資し、国策でドーピング開発するような国家資本主義国相手に、大富豪が少ない日本の個人が挑戦するのはほんとに難しい。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:13:32 ID:b447076d8

    ロシア女子フィギュアスケート恐るべし。この調子でどんどん行くと、来年からのグランプリファイナルは紀平選手以外は全てロシア選手になってしまいそう。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:46:13 ID:60fb5fcd2

    トゥルソワは4lz2本失敗してもコストルナヤに技術点で5点勝ってるんだね完成度の問題でPCSの差が大きく出たのが勝敗の分かれ目か基礎点の段階で19点以上という異次元のアドバンテージがあるわけで女子でクワド3本以上跳べるというのは強烈だな安定すれば無双状態になるし、体型変化で跳べなくなれば伸び悩む女子の今後は荒れそうけれど楽しみだ

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:02:25 ID:e54dba4c0

    女子選手は身体の成長という難敵への対応が重要なようですね。紀平選手には頑張って乗り越えて欲しい。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:40:30 ID:8736809e1

    コストルナヤ選手のロミジュリ凄かった。特にジャンプが他のロシアの子と比べても圧倒的にきれいだった。食い入るように見てしまった。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:31:15 ID:571d8a0b3

    こんなこと言ったら怒られるかもだけど、キムイェリムが台乗りしなくて正直ほっとした。シニア男子の部でチャジュナンが台乗りしただけでもあの国のオタが他の上位選手達を腐したりしてウザいったらありゃしないのに、ましてや女子選手が表彰台に上がろうものなら紀平選手がかつての真央ちゃんやソトニコワみたいに奴等に目を付けられてエラい目に遭わされるなんて勘弁。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 15:42:18 ID:d5ffca222

    珍しくジュニア女子の方がシニア女子より後だったものねコストルナヤはスケーティングが秀逸でもはやジュニアレベルじゃない今すぐシニアでも戦えそうちなみにトルソワはシニア女子込みでもフリーのTESがトップ

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 15:08:30 ID:348429d9f

    来年は、シニアで大活躍ですね。これがオリンピックの前年だったら。ロシアの子はオリンピックの時にシニアデビューした子が優勝するから、産まれた年が関係するから運も必要。エテリは、そこも考えてオリンピックの時にシニアデビューの子を強化していそう。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:30:08 ID:1ed0566cf

    もうじきロシアのちびっ子達が紀平さんの首取りにくる。すごい戦いだ

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:10:55 ID:9a8677eed

    日本も紀平に続く若手が成長しないと北京ではメダル候補は紀平1人だけになっちゃうよ!

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:46:01 ID:fb8f6b2fc

    コストルナヤ選手は完成度がジュニアで群を抜いている。大技はないが、今のクオリティのジャンプが維持できれば加点も稼げるし、シニアでも即通用する逸材じゃないでしょうか。ぜひこのまま順調に育ってシニア移行してほしい。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:51:32 ID:bb306ea82

    北京のメダル争いが早々騒がれてきていますが、年齢的に紀平さんにしろ、このロシア娘達にしろ、北京に行っても大体同年代くらいなので、体型変化や成長のことを考えるとまだまだメダルの事は分かりませんね。もしかするとロシアからまたザギトワみたいに、運とタイミングがマッチしてオリンピックシーズンで一気に女王になるような子も現れるかもしれませんし。それにしてもコストルナヤさんは個人的にとても好きな選手です。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:51:39 ID:54dd3f972

    この2人は4回転飛べるが、身体が小さくて体重が軽いから飛べるのでこれから成長期に入って身長が伸びたらどうなるかな?浅田真央もザギトワも14〜15歳くらいまでは背が小さかったが16歳になって急に身長伸びたからね。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:40:57 ID:e971f2b94

    今回、シニア女子の後にJr.女子でしたよね。それだけ注目が大きかったのか、カナダがそうなのか?いずれにせよ、コストルナヤ選手は4回転がなくてもここまで点が伸びるので、来年以降紀平さんのライバルになりますね。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:20:37 ID:4d7d303cd

    トルソワ、シェルバコワのミスあり、とはいえコストルナヤが優勝!大技がなくても美しいスケート。のびやかでなめらか。キレイだな〜って思う。ジュニアに上がってからトルソワが負けたのは初めてでは?

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 13:54:01 ID:5d52855c9

    1年後のグランプリファイナルは熾烈な争い。進出するのはコストルナヤ・シェルバコワ・トルソワ・紀平は来るだろう。残り2人はになると、日本は坂本選手が来シーズンまでの成長具合とやはり三原選手・樋口選手・山下選手の進化状況により変わって来る。ロシアはカニシェワ選手やタカラノワ選手の進化だな。.

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/09 14:57:24 ID:b50b5834c

    ロシア人はやはり美しい

まとめ

ロシア人はやはり美しい

以上、シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
シニア級ハイレベル…優勝コストルナヤに2位トルソワロシアジュニアに強豪続々