根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”

スポーツ

根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”

根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”

【球界ここだけの話】中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が8日、名古屋市内で行われた入団記者会見で「肩は誰にも負けない。
ゴールデングラブ賞を取りたい」と宣言した。
来春キャンプの1軍入りも決定。
プロでは遊撃一本で勝負する根尾について、あるスカウトは「打撃よりも守備の方が心配なんだよ」とつぶやき、こう続けた。


「内野手は投手が投球動作に入ると腰を落として低く構えるが、根尾は少し腰高。
彼はスキーをやっていたが、滑るときの格好を目に浮かべたらわかる。
でも、彼にとってそれが普通。
打球処理の時も目線がぶれることはないし、全然問題ないと思うが。
見た感じ、動きがぎこちないように見えることがある」

岐阜・飛騨市出身。
冬は積雪でグラウンドは使えなかった。
2歳からスキーを始めて中学2年時にスキー男子大回転で全国優勝をした実績の持ち主。
滑走するときに腰を浮かして体を上下左右に動かすスタイルが“野球一本”になってからも抜けない、というわけだ。


「大阪桐蔭高に入学後、矯正しようとしたが、やはり腰を少し浮かせて打球を処理する方が守備は安定していたみたい」と前出のスカウト。
これまでクローズアップされなかったのは投球や打撃力、守備のセンスが際立っていたから。
プロのスカウトからは「高校生とプロでは打球の速さが違う。
対応できるか」と指摘する声もあった。


球団幹部は「それは与田監督にも報告した。
キャンプで根尾の守備練習の動きを見て、野球評論家の方は『腰高』と指摘するでしょう。
でも、彼はそのスタイルで、これまでやってきた。
周囲の声に戸惑うことがないように、こちらも配慮したい」と明かした。


与田監督が「しばらくは自分のスタイルで好きなようにやらせる」と断言したとき、記者は打撃のことだと思った。
過去にコーチから指摘を受けてフォームを崩した選手を数多く見たからだ。
答えは違った。
「腰高」とささやかれている守備のことだった。
(三木建次)

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000527-sanspo-base

「根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:29:16 ID:6c0effe87

    腰が高くても特に問題ないと思う。プロの中でも捕り方はいろいろあるしこれでなければいけないというものではない。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:46:56 ID:29f69bc52

    なるほど根尾君ならダメと思えば自分でなんとかしそうな気もするけどな。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:31:31 ID:c2aaed7b0

    腰が高かろうが低かろうが、いろんな打球に対して対応できればいいだけ。一概に低ければいいってもんじゃないと思うが。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:02:40 ID:f00de62ae

    根尾くんならそこも上手く適応しそうと思ってしまうんよね

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:48:31 ID:7d1cd9a4e

    ヤクルトの宮本はサードは腰を低く、シュートは360度動き回るからそこまで低くしなくて良いみたいなこと言ってたような…野球は難しいですね。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:08:41 ID:49cdfe8d9

    メジャーの内野手は日本と基本違ったりするし、腰高だと対応できないと本人が感じたら修正するでしょ。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:48:04 ID:d0428e75e

    いくらスーパー高校生とはいえ、完璧で万能なわけではない。プロに入って揉まれながら、成長していってもらえばいい。少なくとも言えることは、他の高校生のドラフト選手より、欠点は少なくスター性もあるっていうこと。それより、この原石を磨き上げられるか。チームの指導者の手腕の方が心配です。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 17:08:41 ID:194532564

    このスカウトが高校時代にどれだけの実績があったのか?言われなくても根尾選手なら、プロの打球にも対応するだろうし、抜群のセンスと頭脳で軽く乗り越えると思う。周りがごちゃごちゃ言うのは止めてもらいたい。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:09:52 ID:968e9c73f

    与田監督も言っているが、先ずは根尾には好きなようにやらせる事だ。外野がああだ、こうだと言ってはいけない。結果が出なかった時に、彼からアドバイスを求められたら、コーチは意見を言えばいい。根尾の身体能力からすれば、常識では考えられない動きをするよ。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:20:10 ID:e979fa255

    その部分より身体の線の細さによるスタミナが心配。シーズンを通して活躍して欲しいです。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:18:13 ID:f86121472

    アメリカでも同じ事言われるやろか?あまり型にはめすぎるのも良くないかと

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:10:32 ID:865a80af5

    どんな一流選手でもプロ一年目では壁にぶつかる。でも根尾さんならセンスで対応するのではないかな。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:27:07 ID:bf8fa7cbc

    そもそも守備で腰高だとダメだという根拠が乏しい。本人がフィーリングよく動ければそれで良いのでは!?むしろ、大切なのは腰の高さよりもグローブの高さなのでは!?それに根尾くんはスラッとして脚が長く見えるから、見た目に「腰高」にみえるだけなのでは!?

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:29:35 ID:a629ad9b1

    問題ないでしょう。課題があれば克服する能力が半端なさそうなので。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:12:21 ID:0c081b5dd

    異形と言えば野茂のトルネードやイチローの振り子のほうがよっぽど異形だったと思う。でもその後の活躍は言うまでもないよね。根尾の身体能力と野球センスは普通の物差しでは測れないと思う。彼なら結果で黙らせてくれるだろうと期待してるよ。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 17:02:25 ID:2a61628ad

    この議論も昔の野球感でしょうか?ようはグラブの出し方が下から出れば問題ない。今の野球は人工芝が多いせいか腰低いより多少高い方が始めの一歩が違ってくる。メジャーは取った位置から投げるので参考にならないかもですよ。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:01:16 ID:b90da6f52

    とにかくごちゃごちゃ言わずに根尾君の慣れたスタイルでプレーさせてください、今までコーチに潰された選手がいると思います この一年は黙ってみることにしてもらいたい 根尾選手に限らずに選手の悪い面じゃなくいい面をよく見てのばしてもらいたい….!

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:31:30 ID:a793389a0

    凡人には解らない何かを持っているかも知れない。低い方が良ければ修正するんじゃない。賢くてマジメなところが良い。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:23:18 ID:331a6e3b8

    中日ファンですが・・それよりも、中日がこれだけの逸材をちゃんと育て上げられるかの方が不安。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:16:00 ID:d65456063

    不安材料が全くない新人選手なんて今まで居たのか、という気もするんですがね不断の努力でなんとかすると思うよ

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:23:28 ID:25574ee42

    守備がうまい人は腰はあまり落とさないって記事を最近何かで読んだ。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:30:32 ID:272713162

    メジャーリーグの内野手は、腰を低く正面で丁寧にしっかり捕る守備なんてしていない。とくに南米系は流れの中でとって投げる、軽業師のような守備。根尾がメジャーを目指すならば型にはめないでほしい。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:10:04 ID:f341c1480

    凡人はいつもそう言った凡人の基準にあてはめる。天才は凡人の基準は当てはまらない。彼にはのびのびやってほしい。才能を潰さないでほしい。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:33:34 ID:f0dd0ed8c

    選手にフィットした動きがある。キャンプで様子みながらやればいい。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:34:05 ID:9a9235f8e

    荒木も構えの段階では腰が高いのは有名な話

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:13:27 ID:d7743241c

    腰が高くても捕って投げてアウトとれればそれでいい低いほうが速く動けるってわけじゃないむしろちょっと余裕をもって構えた方が動き自体は速い目線が打球に近くなるって高低が見やすくなるから,少年野球などではそう指導した方がよいこともある本人がやりやすい態勢で捕球までの感覚を掴めているならば,変える必要は全くない

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:50:31 ID:c7bf60eb7

    人が走るよりずっと速いスキーでその様な体勢であるのなら、実は身体のメカニズム的にはその方が理にかなっているのかな?

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:07:19 ID:18e90d423

    まあ、それは彼のことだから、課題を感じたら維持でも改善しようとするさ。高校レベルでは問題なかったがプロでは通用しないことは根尾に限らずざらにあるだろうし。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:07:17 ID:c1c8c8fda

    まだ高校生今からいくらでも直せるよ

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:48:54 ID:d9d1eb3eb

    守備は練習すれば上手くなる。なにも心配する必要なしです。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:10:07 ID:933decb0a

    高校生で不安材料が皆無の訳が無い。完璧なら京田に代わってレギュラーと言うわけでもないし。まぁ、何でも批判したがる関係者は多いから、中日の場合・・・・。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:20:02 ID:b8ca543c1

    スカウトから与田監督と小笠原二軍監督に報告すればいいこと。矯正するしないは二人で判断して荒木コーチに託すだけ。ただ、チームの弱点となるような事を新聞記者に話すスカウトは退団だな。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 18:47:02 ID:8fd1ae6e0

    いつの時代の考え方でしょうか。昔は腰を落とすために四股を踏ませたりしましたよね。腰を落として打球をせきとめるような動きをプロでもやっていました。根尾選手は中南米スタイルの守備であることは西谷監督も認めています。素早く捕球しながら送球するスタイルは俊足、左打者揃いの現代ではスタンダードです。プロなら華麗なプレーをみたいし、根尾選手ならできます。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:06:19 ID:cdcb09119

    メジャーの選手は腰高でも名手は数多くいるし、外野が心配することではない気がしますが

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:43:27 ID:8c0193dbb

    根尾選手は、今までもそんな不安材料をはね返して現在に至っている。仮に腰高が欠点で、改善の余地があるのなら、コーチの言うことを聞くだろうし、今のままで問題ないレベルなら、そのままいくだろう。ピッチングにしろ、バッティングにしろ、守備にしろ、人それぞれのスタイルがあってもいいと思う。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:08:58 ID:d8f2f9d41

    腰高については以前から指摘はあったけど、少なくとも高校生レベルでは問題なかった。これからプロでトンネル連発でもしなければ問題ないんじゃないかな。メジャーリーガーはみんな腰高だし。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 16:05:38 ID:7cb945f0c

    粗探しご苦労様www

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/10 15:04:53 ID:d7760fcf8

    京田との ポジション争いに勝てるかな

まとめ

京田との ポジション争いに勝てるかな

以上、根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
根尾フィーバーの陰でスカウトが気にする“不安材料”