外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”

スポーツ

外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”

外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”

大型補強の影で…

4年連続のV逸…。
セ・リーグの覇権奪回に燃える巨人の動きが活発だ。


原辰徳監督が舵を取る新生・巨人は、手始めにオリックスを自由契約となった中島宏之を獲得。
続けて今季メジャーで20本塁打を放っているクリスチャン・ビヤヌエバと契約合意すると、国内FA市場からは炭谷銀仁朗、丸佳浩という実績豊富な2名をゲット。
極めつけはメジャーから日本球界復帰を目指していた岩隈久志の獲得を電撃発表と、一気にストーブリーグの主役の座を奪っていった。



来季にかける想いの強さがひしひしと感じられる大補強。
一方、今回取り上げたいのが、その影に隠れがちな2人。
12月7日に育成契約合意が発表された、ドミニカ共和国出身の2人について。


イスラエル・モタは1996年1月生まれの22歳。
右投右打の外野手で、2013年から2017年までワシントン・ナショナルズ傘下のマイナーチームでプレーしていた。
メジャー昇格こそなかったものの、マイナーでは通算188試合に出場して打率.257、13本塁打、80打点、21盗塁という成績を残している。


レイミン・ラモスは1996年4月生まれの同じく22歳。
右投右打の投手で、こちらは2015年から今年までタンパベイ・レイズ傘下のマイナーチームでプレー。
すべてリリーフで65試合に登板し、10勝6敗13セーブ、防御率2.99という成績を残した。



育成契約ということであまり注目は集まっていないものの、今季を振り返ってみると、C.C.メルセデスが7月の支配下登録から残りのシーズンだけで5勝(4敗)をマークする活躍。
防御率は2.05と安定した投球で熾烈なクライマックスシリーズ争いを繰り広げていたチームを救った。


ほかにもリリーフのサムエル・アダメスやスイッチヒッターのホルヘ・マルティネスといったところが支配下登録を勝ち取って一軍出場を記録。
外国人枠という壁があるなか、巡ってきたチャンスを掴んだ。


今季一軍デビューを果たした彼らはいずれも加入2年目で、ファームでじっくりと日本の野球に慣れてきたという共通項がある。
モタやラモスも即戦力とはいかなくとも、日本の野球に慣れたころにチームの救世主となる可能性は大いにあるだろう。

外国人選手も“育成”する時代

近年は即戦力としての“助っ人”も獲得しながら、保険的な意味合いでコストの低めな若い外国人選手を数名獲得し、そこから自前で育てて戦力にしていくというケースが増えてきた。


たとえば、セ・リーグ3連覇中の広島も、先発の柱であるクリス・ジョンソンや、中継ぎのジェイ・ジャクソン、ジョニー・ヘルウェグといったところはいわゆる“助っ人”としての獲得だったが、今季ブレイクした速球派左腕のヘロニモ・フランスアをはじめ、長距離砲のサビエル・バティスタ、アレハンドロ・メヒアはいずれもカープアカデミーの出身。
育成契約から結果を残して支配下登録を勝ち取り、自らの力でNPBデビューを勝ち取った選手だった。


上でも少し触れたように“外国人枠”の問題からその運用は難しくなるものの、近年は多めに外国人選手を抱えて調子によって入れ替えて弱点を補填していくという采配も珍しいことではなくなってきた。


巨人としては、今季新たな3名が戦力となり、特にメルセデスが後半のチームにおける救世主的な活躍を見せたことで、より成功への手ごたえを掴んだという部分もあったかもしれない。
大型補強の方に目が行きがちだが、モタやラモスをはじめとする“育成外国人”の動向にも注目だ。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00174198-baseballk-base

「外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:25:47 ID:68b968d1c

    まずは日本人選手を育成しましょう。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:37:47 ID:75c0ba776

    メルセデスが結果を残したから、味をしめたんだろうが、まずは日本人選手も育成して、試合で使ってあげて欲しい。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:44:45 ID:899901d3b

    これは良い事だと思う。素晴らしい才能を持っているのに貧しいためにやりたいスポーツが出来ない人はたくさんいる、というのは非常にもったいない話だ。でもそれが現実、ひとつの物事を発展させたいなら才能のある人間には特にチャンスを与えていくことが発展させる事のひとつの近道だと思う。それが例え余所の国の人であろうと関係ない。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:21:12 ID:a82aeead9

    金あるんだから現地にアカデミー作ってまずは食事から徹底的にやればいいのに。

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:23:41 ID:eda031603

    ビジネスの世界では、巨人は数周回遅れですな。日本人選手を育てられないのに外人選手?。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:02:40 ID:dd9278bff

    引き続き育てて戦力にしましょう!

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:20:33 ID:c4bbd3f96

    カミネロだって昨年オフにマシソンがメジャー再挑戦で流出する可能性もあったからクイックに課題があっても修正して今年の戦力になるように育てるとまで行かないけど、それを見越して獲得した投手だもんな…。それが澤村の針治療のミスで出番が回ってきたら結果を残して守護神に落ち着いたけど…。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:18:41 ID:1b1058285

    モタはなかなか期待できると聞いた。2人とも22歳と若いし、いつか日本人枠で出られるくらい長く活躍してくれることを期待してます!

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:10:42 ID:24ea77dd4

    今年 故障するまでのヤングマンやメルセデスが途中からでも上がってくれたおかげで先発陣の再編が成せたし、畠も中継ぎ(澤村)へのヘルプとして準備させられた。田口らはあの二人に頭があがらん年になったと思う。野手でもマルティネスが一瞬でも輝きを発せられたし…モタ・ラモス両選手とも、本人の頑張り次第でチャンスをつかむ機会はあるだろうから頑張って欲しい。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:28:05 ID:b4199f257

    成績だけ見るとビミョーだけど、素材が凄ければブレイクするかもしれない。こういう話はとてもわくわくするね。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:42:14 ID:2045653bb

    もちろん、育成にも注力するでしょう!

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:17:19 ID:74ee2ce6f

    マシソンも来季は病み上がりだから、登録→抹消を繰り返して他の外国人助っ人との併用になるだろうな。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:32:45 ID:048d677d4

    育成してポスティングでメジャーに売れるくらいになったら最高だね

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:49:08 ID:a61fe46fc

    この試みはずっとやってきた事。今季ようやく上でもやれそうな選手が出てきたから他の選手も続いて欲しいし、日本人選手もうかうかしてられないよ。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:15:47 ID:fd000f403

    ドミニカの若い選手とかは身体能力だけなら、日本のドラ1級のものを持ってるような人も珍しくない。投げ方やクイック、間の取り方等、技術的なものを身に着けられれば面白いよね。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:25:01 ID:334f90846

    二軍はドミニカンが増えてドミニカン仲間で楽しく切磋琢磨できそうホームシックも心配ないし

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:35:27 ID:bc80d61d2

    メルセデスはともかくアダメスとマルティネスは来年以降の活躍には疑問だったから新しく二人、加入させたのは理解できる。元々外国人は身体能力が高いから適切な指導があれば化ける可能性もあるしマシソンは手術明けで、どのくらい働けるかわからないから選択肢は多い方がいい。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:53:00 ID:606f6599b

    巨人は外国選手も強奪。日本選手も強奪。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:17:24 ID:aaa171b5a

    巨人はここ数年外国人投手は結構良い戦力になっている。来年もマシソン、メルセデス、ヤングマン、アダメスと期待出来る。外国人の問題は野手だよな。ゲレーロとビヤヌエバってポジション違うけどかぶりそうだし。そもそも二人とも活躍するイメージ無いし。6、7番打たすレベルであれば和田に期待しても良いかも。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:56:48 ID:9120dee95

    アダメス・マルティネスは使い物に成らないだろう。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:33:58 ID:eb0d50bc9

    文字数稼ぎでいちいちフルネームにすんなや、読みにくいわ。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:10:53 ID:3172f8105

    助っ人を自前で補強してくれると応援する側としてはすんなり応援出来るような…

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:43:31 ID:ee3503a41

    巨人軍にはオビスポという怪物もいましたからね

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:03:20 ID:c7735267b

    育成外国人選手と言えば、迷わず、元西武・広島のT・バークレオ選手を思い出してしまいます!

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:02:13 ID:bbbdc5abc

    凄いですねぇ…これで来年、Bクラスだったらどうするんだろ(ー ー;)

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:29:16 ID:3fa93ca7d

    個人的には、中日の育成枠にいる外国人キャッチャーに注目している。支配下を勝ち取り、1軍デビューしたら、プロ野球の歴史にまた新たな一歩が刻まれるだろう。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:11:10 ID:dd8d3c5c8

    外国人選手も育てる。って、日本人選手育てれてねーじゃん。。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:43:30 ID:58acfd808

    メルセデスの顔がいい写真。

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:54:25 ID:fbb46ad82

    「下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる」たまたま結果を残せる選手が出たら育成したとか言うんだろ

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:03:18 ID:9f4fac4f1

    今まで何人が育成のまま、サヨナラしたか?そこに触れないで、好き勝手書くな。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:57:12 ID:53f5dbe89

    巨人の育成出身外国人は今年よく頑張ったものだ。だが、枠が4つしかないという点が悩ましい。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 18:35:26 ID:0666f2bb2

    やっぱり外人でマイナーにいた若手の方がハングリーなのかね?

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:45:37 ID:79cb3f5d9

    ジャイアンツは意外に育成に力を入れてるし実績もある。だけど、他球団から仕上がったベテランを大金積んで連れてきて優先的に出場させるもんだから、育ち盛りを一軍で使って経験積ませ壁をぶち破らせることが少ない。その結果として二軍以上一軍未満みたいな若手が多いように見受けられるよね。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:44:44 ID:3451d9f65

    メルセデス、マシソン、アダメス、マルティネス、モタ、ラモス、そしてビヤヌエバ。ゲレーロはお引っ越しの準備ですかね。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:06:28 ID:0a64ea62f

    ぜひジャパニーズドリームを掴んでもらいたい

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 16:26:13 ID:d8d55bc10

    巨人が育成?

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/14 17:03:28 ID:cff5f42df

    日本人も補強もいいが育てて欲しい。

まとめ

日本人も補強もいいが育てて欲しい。

以上、外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
外国人選手も育てる時代へ…巨人の大補強の影に“不気味な2人”