DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。

スポーツ

DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。

DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。

DAZNとの放映権契約により、Jリーグは莫大な金額を手にすることになった。
しかし、これで「10年安泰」と胡坐をかいている場合ではない。
今こそ、そのカネの使い道を考えるべきである。

放映権料は「10年間」という期間限定

10年間で約2100億円である。
Jリーグが2017年から手にする放映権料のことだ。
イギリスの動画配信大手『パフォーム・グループ』の擁するストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と大型契約を締結。
減収の危機に直面し、資金調達の必要に迫られた数年前の苦境がウソのようだ。


これによって、Jクラブへの「均等配分金」が増額された。
J1が1億8000万円から3億5000万円、J2が1億円から1億5000万円、J3が1500万円から3000万円となる。
J2以外は倍増だ。


J1の賞金総額も3億5000万円から4億8000万円へ。
1位が3億円、2位が1億2000万円、3位が6000万円に増額される。
また、成績に応じて支給される「強化配分金」(注・ACLの出場に絡む1位から4位までが対象)や「降格救済金」(注・降格した場合、翌1年間は前カテゴリーの配分金の80%が保証される)が創設されている。


村井満チェアマンによれば「クラブの財政基盤をある程度、安定させる」狙いだ。
それ自体は、大変喜ばしいことだが、増額の元手となる放映権料は「10年間」という期間限定である。
果たして、10年後、それが増えるのか、それとも減るのか。
額が大きい分、リスクもまた大きい。
どちらへ転ぶか、まさに天国と地獄である。


仮にDAZNが手を引いた場合、これだけの金額を払える企業が現れるのかどうか。
そもそも、10年後のJリーグにそれだけの価値があればDAZNが契約の更新を考えるだろう。
複数の媒体へほぼ均等に放映権料を売るリスク分散型ではないから、契約が打ち切られた場合のダメージが大きい。
ともかく「次」があるかどうかは、これからの10年で決まるわけだ。

明るい未来のためにすべきこと

かつて日本代表を率いたイビチャ・オシムは、しばしば「今の(人材)育成が、10年後の未来を決める」と話していた。
種を蒔いてから収穫期を迎えるまで、ざっと10年というわけだ。
10年後に明るい未来を望むならば「今」から手を打つ必要がある。


主に財政基盤の安定を目的とした各種の「増額分」をわずか2、3年という短期的な成功のために浪費されては困る。
舵取り役(社長やオーナー)が数年単位で入れ代わるケースの多いJクラブには、中・長期的なプランの立案、実行が不得手という印象が強い。
すぐに結果が出ないことは「やりたくない」ということか。


補強に大金を投じれば、短期的な成功につながりやすいが、それが長続きするかどうかはまた別の話だ。
勝ち続けるチームをつくるのに、優秀な人材の「安定供給」を促す育成システムの強化、確立に大金を投じる方が、長い目で見たときのコストは安いかもしれない。


ハード面の充実にも同じことが言える。
例えば、スタジアムだ。
G大阪の吹田スタジアムは計画の検討から、完成まで、およそ8年の歳月を要した。
だが従来よりもキャパが増え、観客動員数も増加。
それによる収益増を補強費に回して常勝軍の足場を固めれば、さらに集客が増える好循環を期待できる。
さすがに新スタジアム建設はハードルが高いが、観客への「おもてなし」を充実させるアイディアは、いくらでもあるだろう。


何より、ハード面への投資には「当たり・はずれ」が少ない。
いずれ劣化するにしても、基本的には「丈夫で長持ち」だ。
こうした持続可能性の高いモノ(分野)への投資こそ「10年後のJリーグ」を明るく照らす布石となるのではないか。


増額された資金を、いかに有効活用するか。
その運用の仕方、使い道が「いま」問われている。
2100億円という大きな数字にとらわれて「当面は安泰」などと、呑気にあぐらをかいている余裕はない。


(VICTORY配信日:2017/2/6)

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00010002-victory-socc

「DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:03:07 ID:cdffd04e8

    今のJリーグって、少なくともアジアでは市場規模1位2位を争えると思うし、イニエスタ・ポドルスキ・トーレス・ビジャ・ジョーといった世界的にもスターな選手が多いから魅力的。客足も増加してると思うし、これからのさらなる発展に期待してます!

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 13:06:53 ID:72ac0be7c

    DAZN側から見れば、他のコンテンツと比較してJリーグが魅力的かどうかという視点で価値を計ってくる。もちろんJそのものの底上げも必要だが、契約延長を勝ち取るということならライバルコンテンツよりも魅力があると思わせるという要素を抜きに考えてはダメだろう。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:34:46 ID:ca8ca8372

    ジュニア、Jr.ユース世代の育成に投資すべき。J下部でも本気で育成してるチームは少ない。加入条件になってるから『とりあえず』レベルばかり。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:28:35 ID:813549a13

    要はJリーグがDAZNを俺らが利用してまで見たいコンテンツかどうかでしょ?今季の神戸や鳥栖みたいな大物選手獲得が各クラブにも相次いだり、逆にバスク純血主義のビルバオみたいなチームが出現するなど、Jリーグが見たいコンテンツならDAZN契約者数が増えるし、契約も延長されるはずだよ。

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:05:37 ID:7bbed2bb0

    強化理念金をインフラにしか使えないようにしている施策は素晴らしいと思う。未来への種まきは必ず花咲くときが来る。あとJが優れたコンテンツであるためには日本サッカー全体で強くなるべき…。浦和・鹿島とアジア連覇したがこれからも日本勢が勝ちきらなきゃダメ。DAZNの賞金が良いからと国内特化チームばかりになったら将来、DAZNから見放されてしまう・・・。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:29:17 ID:badbdc8f6

    ゴールキーパーの育成に尽力してほしいな。韓国の選手で優秀なキーパーが多かったり、フィリピンの選手でもプレミアリーグで活躍してるようなキーパーがいるんだから、アジア人でも充分いいキーパーを排出できると思うんだ。キーパーが育てば、ストライカーはより高い精度のシュートを求められる、そうすれば相対的にFWの強化にもつながる、FWが良くなればDFも良くなる。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:10:25 ID:07b31d41f

    公正に運営されているJリーグが賭けの対象として需要が高いとも聞きますがそこに大物が入りコンテンツとしての価値も上がっていけばウィンウィンの関係も築けるかなと思う

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:31:47 ID:6b3d59dad

    神戸みたいにお金を使えるわけじゃないから、神戸と同じ事をするのは難しいけど、神戸は確実に観客動員もグッズ売り上げも上がってるわけで。海外の名の知れた選手が、日本という選択肢を考えてくれるようになってる今がチャンスだと思う。各クラブに、積極的補強・育成を期待すると同時に、出来るだけ多くのサッカーファンがスタジアムに観戦に行くことが、未来につながると思う。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:10:42 ID:f41bf7cee

    海外の市場に指示されて有益なコンテンツであることを示すためにも審判の質向上が最優先事項だと思う。実績のある外国籍審判の招聘、サッカー先進国で実施されてる審判育成機関のノウハウ習得、日本人審判の育成、VARの導入。質の低い審判が主役になる試合が多すぎるようでは観る側にストレスがたまり、海外の市場からそっぽを向かれるし、世界レベルのジャッジができないようではなぜ!!?が続いてジャッジのせいでJリーグの質の向上も見込めない。海外の有名な選手つれてきても愛想つかれますよ?

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:15:14 ID:e07150547

    DAZN、お試し期間にパソコンでサッカーを見たら、思い切り野球の試合の音声が聞こえて、ハーフタイム後は、野球しか見えず、悪戦苦闘し、サッカーが見えたら、後半ロスタイム突入して3-0になっていて、あまりの不安定さに契約解消してしまったが、そんなにJリーグに払って、儲かるのか?

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:18:56 ID:31a7d1bfb

    サッカーミュージアムの建設とかそういうアホな事に使わないで欲しいわ国民の老若男女全てがサッカーをもっと好きになるような仕組みを作る事に使ってほしいね。長期的にみればそれが日本代表の強化にも繋がっていくと思う。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:09:42 ID:92b68b8da

    アホな審判の再教育にも使うべきでしょう。観に行くお客さんに失礼なレベルの審判が多過ぎる。

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:17:08 ID:a72d815de

    協会側は使い道を1つとは言わないまでも幾つかに絞って考えているはず。その使用方法を中期的、長期的な視点でクラブと共有してある程度管理をしないと好き勝手に短期的な補強で終始してしまうクラブはきっと現れる。協会全体で考え、社長を一堂に会してでも大きな額の今後を見据えた使い道をある程度画策していかなくてはならないのではないでしょうか。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:44:21 ID:072052bb4

    川崎みたいな、優勝償金で補強も大してしないチームが、dazn契約を終わらせると思うわぁ。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:22:34 ID:f4af876d3

    普及と育成にとにかく回せ。後はスタッフの人件費を上げていくこと。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:29:05 ID:58410c049

    ビッグネームの獲得はパフォームからの働きかけがあってのことだったりするのかなポドルスキが来る前のJリーグの世界的知名度は全然パッとしなかったし

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:05:18 ID:4f5005fbf

    確かに10年後までにお金を使い切ってるのはヤバイと思ってた。 でも、使い切ってるだろな。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:42:06 ID:dcd447496

    外国人枠撤廃してリーグ全体のレベルの底上げが必要だと思う。欧州の中堅リーグくらいのレベルになってJから直接ビッククラブに移籍するようになってくれれば大成功だと思う。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:07:09 ID:8ee943456

    今までの発想を540度くらいするような新しい発想を試す。ダメなら変える。その繰り返ししかないと思う。まずは実行!!

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:00:04 ID:561c022b1

    Jリーグはスタジアムの要件を緩和すべきだと思う野球のカープやベイスターズのスタジアムの様に座席数削ってでも 多少なにか出来る座席を増やした方が 席に対してプレミアが付くと思うもちろん 今の自治体所有のスタジアムから自前のスタジアムを持つ話を考えた上でにはなるけれども

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:24:13 ID:bf1a637aa

    10年後を見据えるならやはりグローバルな人材の育成は必須だろうJリーグがこれ以上成長を続けていくには海外も巻き込んでいく必要があるからね

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:39:01 ID:33e66706b

    もっともな指摘で、ダゾーンマネーは永遠でない事には、Jリーグ全体でも危機意識を共有し、魅力あるエンタメであることを目指さなければならない。ハードの充実もその一環ではあるが、今季優勝(連覇)の川崎は食堂にバス、2位の広島はほとんど音沙汰が無いなど、まさに先が思いやられる。こんなチームがダゾーンマネーを獲得してしまったこと自体、日本サッカー界の運の悪さを感じざるを得ない。神戸の大型補強が無かったら、もっと地味なリーグのままだったはずで、想像するだけでぞっとする。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:45:24 ID:8dfc42048

    チャンピオンシップのマスコミ取材は多かったんだろうなぁ サッカー専門紙とかならいつでも取材に行くけど、そうでないところまでも取材に来てた影響は大きいねぇ数年前のチャンピオンシップで勝った鹿島の優勝シーンの撮影時の写真が使われてるのはそんな理由なんだろうなぁ

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:50:10 ID:31576039c

    Jリーグの試合ってテレビで見ても生で見ても面白くない。ワクワクした展開が生まれない。贔屓のチームがあれば面白いのかもしれないがやっぱり面白いサッカーをしなければファンはできないと思う。まずもっと補強や市場を活性化していい選手を分散させずまとめること。そうしてビッグクラブをつくりあげることがまず第一歩だと思う。目指す形はブンデスやリーグアンなどのリーグ。この巨額の資金でビッグクラブをつくることが日本がワールドカップで勝つことにも繋がると思います。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:23:37 ID:84271c962

    国内移籍、海外移籍でも移籍金をある程度保証すれば、リーグ全般に育成への意識が向上して設備投資するだろう。最低でも数千万は欲しいよね。貧乏クラブとしては。設備投資に見合う金銭メリットを。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 13:15:27 ID:b84fdb3f8

    Jリーグとしては、アジア戦略をさらに強化し、リーグの価値を高めることが大切。DAZNマネーは、210億円/1シーズンだが、世界と比較するとまだまだ低い(プレミアは、2,407億円/1シーズン)。各クラブには投資と回収を繰り返し、お金をどんどん循環させて欲しい!

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:43:07 ID:238e90541

    良かったのはダゾーンになってスマホでもライブチェック出来るのは嬉しいよ。画質とか今一でも前よりサッカーみるのが手軽にはなった。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:33:26 ID:78888cdba

    まじで審判育成に充ててくれ。プレミアリーグ辺りから何人か借りたり、コリーナさんに要職についてもらったり出来ないかな?

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:32:45 ID:0ef19e3fb

    スーパーな選手取っても結局3年程度だしそう考えると選手補強よりインフラ、施設ってのは理に適ってるまとまったお金が無いと出来ない上に無駄にはならない少なくとも選手補強に比べれば失敗は少ない

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:17:10 ID:516a08f25

    明日夜の鹿島vsレアルマドリードにJリーグの運命がかかってる。

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 14:17:15 ID:268555d75

    その金をうまく使ってるとは思えない。8年後、普通にヤバいだろ。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:46:50 ID:8ca9a49e4

    Jリーグが世界的なサッカー市場の一部になれるかどうかだと思う。現在ポドルスキやイニエスタ、トーレスがきてくれているが、常にヨーロッパから目が向けられる存在になっていたら需要があると思う。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:24:42 ID:1c8546984

    逆だわ、スタジアムなどに使われたらずっと維持費が余計にかかるコーチの育成などソフトに使わないと、、、ファン拡大か、スターの育成ができたら効果大だろうや

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 12:06:34 ID:dcb45f556

    サッカーやフットサルが無料でできる場所があったらいいかな。野ざらしでいいよ

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/18 15:32:51 ID:ca05fe0cc

    1年前の記事やん

まとめ

1年前の記事やん

以上、DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
DAZNマネーをどう使うべきか?今こそ考えるべき2100億円の10年運用。