「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か

スポーツ

「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か

「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か

ソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が21日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、年俸4000万円からのアップ提示を保留した。
(金額は推定)提示は5500万円前後とみられ、甲斐は希望額との開きについて「多少の差はあった」と漏らした。
一方で「すごく評価し、いい言葉もたくさんもらってうれしかった」とも。
「もう一回、整理したかった。
今日は決められなかった」と話した。


今季は扇の要として立場を確立し、133試合出場、7本塁打、37打点が自己最多。
12球団トップの盗塁阻止率4割4分7厘で、2年連続のゴールデングラブ賞を受賞した。


日本シリーズ新記録6連続盗塁阻止で「甲斐キャノン」の通称を一躍、全国区にし、同シリーズMVPに輝いたのも記憶に新しい。
三笠球団統括本部長も「日本シリーズの活躍は本当に素晴らしかった。
プラス評価の材料」とうなずく。
だが、初回交渉で両者の隔たりは解消されなかった。


前年の出場13試合から、一気に103試合へと出番を増やした昨季は、オフに年俸900万円から4000万円までの昇給を勝ち取った。
今季の貢献度が昨季を上回るのは当然だが“前年との差”は昨季が大きい。
またチーム順位は昨季が優勝で、今季は2位。
これも、もう一声となりにくい要因には違いない。


シーズン打率2割1分3厘もアピール材料にしづらかった。
甲斐自身も「納得できる数字ではない。
バッティング面でも全く、ですし。
そういう低い成績でも評価していただいているほう。
そこは理解はしてます」と言う。


となると、争点は守備の評価だ。
三笠球団統括本部長は「守備的ポジションの選手の評価って、いろいろ難しいところもあるという話もした」と明かす。
それは「守備は共同作業だから、一人一人に分割して評価を確立するのが難しい。
野球というゲームの側面」だからだ。

端的に、盗塁阻止率を例に「一般論として、彼の肩がもっと強ければもっと上がるかと言えば、必ずしもそうではない」。
甲斐が大いに刺したのは評価しつつ、送球の速さやコントロールに、投手のクイックモーションが合わさった結果という側面が常にある。
この点で安打や奪三振のように、単純な評価がされにくい。


セイバーメトリクスの新しい指標には、守備力を測るものもあるが「シフトやフォーメーションで数字が変わる。
それは能力か。
本人が決められないシフトで上がった数字をどう評価するか」(同本部長)という課題が残る。
計算式もまちまちで「まだまだ万人が見て安定した指標かというと難しい」のが現状だ。


捕手は他のポジションに比べ、起用法が独特でもある。
近年は先発投手との相性などから、複数捕手の併用が主流。
途中交代が珍しくなく、戦術的な理由で出番が減る部分もある。
甲斐も例に漏れず、先発は111試合。
試合終盤はベテラン高谷にマスクを譲ることが多かった。
結果、規定打席には到達していない。


ただ、この点は球団も織り込み済みで、同本部長は「1人の捕手で全試合やってるチームはそんなにない」と認める。
「従来の基準だと規定打席に到達すれば『フルに出たね』って話だけど、レギュラー級だとする評価が他の野手と同じ基準でいいのか。
いろいろ議論がある」。
そして、この点は考慮していると言う。


捕手の数字に現れない部分の貢献も、査定担当が加味していて「プラスアルファとして、どうしてあげるかは甲斐君に限らず、捕手の評価として考えている」と言う。
「論点がすごく残っているというより、あと1時間使って話をして決めましょうかと。
そういうレベルだとこちらは思っている」。
その口ぶりは、現時点では精いっぱいの査定というニュアンス含みだ。


甲斐は今年3月に結婚し、10月に第1子長男が誕生した。
家庭を持って初めての契約交渉。
軽々な判断はできない思いもあっただろう。
第2回交渉は週明けの予定。
球団も「来年、気持ちよくやってもらうために契約する」(同本部長)との思いは持っている。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00010000-nishispo-base

「「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:16:48 ID:e3a5dd37b

    私としては別に球団の提示が少ないとは思わないな。給与って何も今年1年だけの結果だけじゃないでしょ。入団してからの積み重ねだってあるんだし。甲斐はまだまだ活躍してる時間が少ないかなと思う。甲斐自体も分かってるから大幅な値上げは希望してないとは思うけどね。本人も言ってるけど多少の誤差なんだろうね

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:23:48 ID:03a1af8c5

    Gの小林もそうだけど、やっぱり守備特化型捕手の評価って難しいなあと思う。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:29:30 ID:fa20384ba

    打力がねー、、、ただ捕手としての査定 評価の低さ?!は否めない。彼の活躍が無ければ日本一になれなかったの事実こういうときこそ 大盤振る舞いしてあげても良いのでは?

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:16:24 ID:1a711f25e

    炭谷が2億ももらうんだからキャッチャーの評価はわけわからん

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:23:07 ID:cd5eac00b

    同じ金満でもホークスは査定が厳しいけど、巨人は甘い選手からしたらやはり査定の甘い上に高給貰える巨人のような球団の方が魅力だろうね傍から見たらホークスの査定のような厳しいくらいが正しいと思うのだろうけど

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:22:50 ID:c6b2f13d8

    打撃はしょぼいし肩なんか所詮付加価値に過ぎないってわかってないなそもそも盗塁阻止なんか投手との共同作業で、日本シリーズに至るまではバンデン登板時全く刺せなかった古田も言ってるけど捕手こそ打ってなんぼ守れるのは当たり前で、打てないポジションでありながらどれだけ打って他球団と差をつけるかがほぼ全て捕手の守備でWAR稼げません

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:47:49 ID:b887b48a9

    逆に言うと、守備の評価だけで1500万も(推定だけど)アップするのって捕手だけですよね。あとは強いて言えば遊撃手ぐらいかな。昔、鳥越選手が遊撃手として、打率2割前後ながらほぼレギュラーとして出場していましたが、年俸はあまり上がっていなかったようです。(あの時は捕手が城島で、めちゃくちゃ打ってました)日本シリーズのMVPの賞金が600万ぐらいと言われているそうなんで、今年はそれで良しというようじゃないですか、来年の交渉のベースには含まれないけれども。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:30:35 ID:7379e88bd

    規定打席到達で打率が2割5,6分あればタイトル料含めて倍増以上の1億ってとこかな。相手が盗塁を仕掛けにくくなる数字に見えない部分を考えると、もう少し上げてもいいとは思う。ただ同時にバッティングで2割1分は突っ込まれても仕方ない部分ではある

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:33:13 ID:9eaf42c45

    日本シリーズはあきらかに広島の盗塁時のスタートが悪かった。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:25:47 ID:462fefd8a

    盗塁阻止率は数字で現れるが、走らせないという点では現れないから今後その辺りの評価が難しいでしょうね。

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:19:41 ID:59b0c674f

    以前、里崎がよいキャッチャーと認められるのは、打てるキャッチャーと言っていて、なるほどなと思いました。守備の重要性の高いポジションですが、打てないと評価してもらえない難しいポジションです。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:49:59 ID:aa9f6ca28

    年俸の評価はペナントレースでの成績だからな打てないと捕手は守備の人扱いで年俸は上がり難いよね

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:14:30 ID:fd5fc7f28

    まずは4000万円分で求められる働きがどれだけ出来たかだと思うよ。

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:36:38 ID:c065504ab

    素晴らしいキャッチャーではあるかま、妥当な評価と思う

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:44:43 ID:839cac659

    守備的評価は難しいって書いてあったが、今宮は打率は2割5分以下でも年棒は上昇してたけど…年に2千万円づつ上がっていたと思う甲斐も守備的貢献は大きいと思う盗塁を阻止したら投手のランナーに対する負担が減るだろうし、得点されるチャンスをなくしているのも事実甲斐が出場しているだけで、他球団の選手が盗塁を躊躇するのも事実得点されるのを防ぐのが当たり前と見るか、得点されるのを防ぐのが凄いと見るかで評価が別れる所ではないでしょうか?

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:14:26 ID:3c7983e44

    球団としてもアップはさせたいがそもそもの基準や他の選手との比較もあるし上げずらいってとこかプラスアルファの部分を出来高でつけるのが無難なとかろかな?

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:27:16 ID:266d9c9f1

    妥当な評価でしょう。いくら盗塁阻止率が高くてもあの打率では得点の貢献度がほとんどないんだもの。日本シリーズの印象度が高いから目立ったけど捕手として一流の域までは届いていない。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:12:23 ID:56fc52291

    ちょっと持ち上げすぎたよね確かに貢献はしたと思うけど盗塁阻止率を競う競技じゃないし打率考えたらマイナスもありえたんだからプラス分は守備でしょ

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:28:38 ID:ad1f71d6c

    日本シリーズMVPで一気に全国区の知名度のある選手になったが、総合的に評価してどうなのか?ってことでしょうね。ちょっと話は飛躍するけど投手の名球会入りの基準が現在では達成困難だという意見は多いが、内、外野と一緒くたに野手として見られている捕手にとっても基準のハードルは極めて高い事には言及する人は殆どいない。年俸査定のネックになっているのは打撃成績だと思うが、もう少し考慮が必要かと思う。何しろ育成出身だからベースの年俸は安いんだし、契約金も知れているだろうから。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:26:07 ID:466f2ab16

    メディア露出も急増したし日本シリーズではMVP 日本代表でモリーナとかと交流して気持ち的にはもう一流の選手なんだろう。それでも年俸的にはちょっとしか上がらないので打撃が良くないのでって言われると捕手としては打てる捕手が年俸どんどん上がり守りのエキスパートでは大きくアップはこれからも望めないことになります。

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:19:08 ID:2b9b5a95c

    他チームファンですが、ちょっと上げ幅が少ないように感じますね。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:12:20 ID:5129d2c4d

    日本シリーズ優勝は間違いなく甲斐キャノンか炸裂したからだと思うが評価は難しいんかなもう少しupしてあげて欲しい

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:17:42 ID:33d91889c

    一億は無理としても倍増くらいは間違いないかと思ってたんだけど、意外に辛い査定だなあ。まあこれを発奮材料にして更なる成長を見せてくれれば良いね。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:22:42 ID:0b2d46efd

    バッティングだけでなく、キャッチャーのときのリードも悪いという解説者が多かった。完投できる投手がいないのは、監督の起用法だけでなく甲斐にも問題があったんじゃないかな?ちな鷹です

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:42:12 ID:5d51056c1

    確かにCS日本シリーズだけ見たらすごい兼任したけど、公式戦だけ見たらまだまだ低い。打撃もだけどリードの方もまだまだ、投手の調子の悪い時いかにリード出来るかそれが大事だと思う。ただちょっと低いと思うけどね。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:33:08 ID:0d24ef523

    巨人の小林と同じタイプだからな、評価が割れても仕方ない。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:22:28 ID:7f8c99935

    1億あげるにしても、そのうちボーナス5000万とかにしたほうがいいのでは。本来は捕手の肩は勝敗との相関性が非常に低くて、ノムさんも走り放題の時代に弱肩の強打のキャッチャーだった。あんなシリーズは凄く珍しいケースで二度と起こらないだろうし、高谷もふたつ刺してるということは広島の自爆の可能性もあるし。

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:18:36 ID:3c219f4a0

    日本一にはなったけどリーグ優勝してないしなバラつきはありそうでも、もう一声ってところかな

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:29:13 ID:a851689d0

    守備型捕手は年棒査定難しいからな…ただ1500万upぐらいが妥当だと思うけどね。打撃は規定打席に届いてないし本塁打こそ捕手にしては打ってるけど打率と打点少ないからな、守備の貢献度だけでは倍増にはならないし

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:32:53 ID:658c50dcd

    甲斐キャノンで話題先行の面もあって、本人も大きな事をやってのけたとの思いも強いのだろうが、盗塁阻止率は評価の一部分で、やはりベースはいくらキャッチャーであっても打撃面の比重が大きい。規定打席に達せず、2割1分台であの打点ではそんなに大幅なアップは難しいと云うのが、正当な評価じゃないか?

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:23:19 ID:eec189239

    評価としては球団の定める査定基準でいくと厳しくならざろうえないといった感じか。たしかに今年は、大きく貢献してくれたけど、ここの査定基準がブレると、ここまで契約更改した選手に不公平が出るから難しいところだな。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:45:49 ID:a694aee95

    たしか小林もこれくらいの年俸だったな優秀なスコアラーを据えて守備面の負担を少しでも減らしてやれれば打撃も少しは良くなるんじゃないかな…

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:39:16 ID:36d13c04e

    捕手は捕手としての査定方法があるはずだが、上手く査定できない。甲斐も例にもれない。ということか?城島みたいに打てたら分かりやすいんだろうけどなぁ。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:43:07 ID:c1924f515

    今年の甲斐の評価はフロントにとって、難しいとこではないでしょうか。ただ、甲斐も一発でサインできないのは仕方ないです。野手だと守備よりも打撃を評価の対象にしちゃうものですし…

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:13:14 ID:80b4dc24a

    育成からの頑張りも評価して、7000くらいで良いんじゃないの。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:14:29 ID:034a31f70

    シーズン優勝のうえで日本シリーズ優勝&MVPであれば、もう少し違ったでしょね。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:22:40 ID:44cd90c1e

    シーズンの成績としては正直上積みはほぼなし、日本シリーズの上積みがアップ分と考えたら十分では?日本シリーズだけで持ち上げすぎ。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:23:14 ID:96d16eb19

    捕手というのはなかなか査定しにくいポジションだよな。打撃貢献してると上がるイメージがあるけど守備型の場合は難しいのかもしれない。上林の前例があるからゴネれば多少は上がるかもしれんが、ソフトバンクは出来高をつけてあげたらどうだろう。来季のモチベになって打撃も頑張ってくれるかもしれん。

  39. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/12/22 08:07:55 ID:90341ee93

    安給料はFAでG戦士になるまでの辛抱

まとめ

安給料はFAでG戦士になるまでの辛抱

以上、「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当かのまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
「甲斐キャノン」の評価の難しさ日本シリーズMVP男が保留…査定は妥当か