【フィギュアスケート】23日 世界選手権代表は坂本が決定、残り2人は紀平と宮原が確実=全日本選手権

1 ひかり ★ :2018/12/23(日) 22:01:38.90 ID:CAP_USER9.net

◇フィギュアスケート全日本選手権第3日(2018年12月23日 大阪・東和薬品楽旅ドーム)

 女子は坂本花織(シスメックス)がSP2位から逆転して初優勝を飾り、紀平梨花(関大KFSC)が2位、宮原知子(関大)は3位だった。

 世界選手権(3月、埼玉)の女子の枠は3で、今大会優勝の坂本は代表に決定。2人目は全日本の2、3位(紀平、宮原)、GPファイナル出場の上位
2人(紀平1位、坂本4位)、世界ランク上位3人(樋口4位、三原5位、宮原7位、坂本7位)から総合的に判断する。GPシリーズの上位選手が集う
ファイナルを制した紀平が選ばれる可能性が高い。

 3人目は2人目の選考に漏れた選手、シーズン世界ランク上位3人(紀平2位、宮原5位、坂本6位)、今季ISU公認ベストスコア上位3人
(紀平233・12点、宮原219・71点、坂本213・90点)から選考する。宮原、三原、樋口の争いになるが、今季スコアや今大会の成績から
宮原の選出が濃厚だ。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000148-spnannex-spo


(出典 Youtube)


(出典 Youtube)

続きを読む

Source: 愛すべきアスリート
【フィギュアスケート】23日 世界選手権代表は坂本が決定、残り2人は紀平と宮原が確実=全日本選手権