【ボクシング】30日 拳四朗が判定で5度目の防衛に成功…来年は京口との統一戦へ

スポーツ

1 豆次郎 ★ :2018/12/30(日) 18:56:26.24 ID:CAP_USER9.net

12/30(日) 18:52配信
拳四朗が判定で5度目の防衛に成功…来年は京口との統一戦へ

◆報知新聞社後援 プロボクシング・トリプル世界戦 ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ)タイトルマッチ12回戦 王者・拳四朗(判定3-0)同級7位サウル・フアレス(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26)=BMB=が、5度目の防衛に成功した。同級7位サウル・フアレス(28)=メキシコ=に3―0の判定勝ち)。自身より12・5センチ低い身長151・5センチの相手を攻略した。日本人の現役世界王者最多のV5で長期政権を築き、来年は31日にWBA世界同級スーパー王者に挑戦する京口紘人(25)=ワタナベ=との統一戦を見据える。拳四朗の戦績は15勝(8KO)、フアレスは24勝(13KO)9敗2分け。

 ◆拳 四朗(けん・しろう)本名・寺地拳四朗。1992年1月6日、京都・城陽市生まれ。26歳。中学3年でボクシングを始め、奈良朱雀高を経て関大4年時に国体ライトフライ級優勝。2014年8月プロデビュー。17年5月、WBC世界同級王座奪取。身長164センチの右ボクサー。父は元日本ミドル級、元東洋太平洋ライトヘビー級王者・寺地永(ひさし)BMBジム会長。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000114-sph-fight


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 iropel0103.com)

続きを読む

Source: 愛すべきアスリート
【ボクシング】30日 拳四朗が判定で5度目の防衛に成功…来年は京口との統一戦へ