イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」

スポーツ

イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」

イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」

ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、日本で充実した日々を過ごせているようだ。
昨夏に、ここまでの全キャリアを過ごしてきたバルセロナを離れて、Jリーグに挑戦したイニエスタ。
スペイン紙『マルカ』の日曜版『プリメーラ・プラナ』とのインタビューに応じた同選手は、日本行きを選択した理由について次のように述べている。


「あれだけ要求が厳しく、激しい日々を過ごしたのだから、もっと個人や家族を大事にできる生活を探していた。
でも日本、ひいてはアジアのフットボールを推進する野心的なプロジェクトの一員になることも望んでいた」

イニエスタは来日当初こそ、文化的な違いにとまどいを覚えたようだが、神戸での生活を気に入っている様子だ。


「僕たちはしっかりと適応した。
これだけ文化が違うから、最初の数ヶ月こそ厳しいものだったけどね。
神戸には海も山もあって、バルセロナに似ている町だ。
人々は優しく、敬意を払ってくれる」

また、スペインの辛辣なサポーター文化に慣れてきたイニエスタは、日本サポーターの振る舞いに感銘を受けたという。


「サポーターは敗戦を違う形で受け入れる。
彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ。
それに、もし自分について悪く話していたとしても理解はできない。
日本語だからね」

言語に関して冗談も飛ばしたイニエスタではあるが、妻のアンナさんとともに毎週日本語のレッスンを受けているなど、言葉の壁を取り払う努力も怠らない。
また食事のメニューにはラーメン、蕎麦、寿司と、日本食も取り入れているという。


神戸は先に元スペイン代表FWダビド・ビジャも獲得。
イニエスタは「ダビドの加入で、攻撃面の効果性は間違いなく改善される。
グアヘ(ビジャの愛称、少年の意)とは、ピッチ内外でいつだって理解し合ってきた」と、バルセロナ、スペイン代表でともに過ごした戦友がチームに力になることを確信している様子。
さらに「大きな野心を持って今季に臨むよ。
成長するという目標とともに」とも語り、ビジャと一緒に神戸を成功へ導く意欲を示している。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000035-goal-socc

「イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:45:41 ID:b3fe76fcb

    勝負は時の運、と言う。強いからと言って必ず勝てるわけではなく全力を尽くしたからと言って必ず勝てるわけでもない。だから日本人は単に敗戦ただそれだけでむやみに批判を鋭くすることは多くない。間違いなく批判されるのは結果(敗戦)と内容(どう見ても全力を尽くしてない等)両方が悪い時。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:41:20 ID:c1dfcf498

    それが日本人らしさなんだな。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:50:21 ID:c04b7a0d1

    個人的に敗戦しても喝采は選手をダメにするも思う元々プロの選手はサッカーをするのが仕事じゃなくてサッカーで勝つのが仕事だし負けたくないって思ってる人と負けてもいいと思ってる人では全然プレイが違う

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:40:10 ID:07221a1a1

    今後この流れを続けるためにも神戸にはしっかりと優勝争いしてもらいたい

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:12:38 ID:d19936297

    試合後一応拍手で労うくらいはするけどそれはそれこれはこれなだけで文句がない訳じゃない戦ってない選手がいるとめっちゃブーイングするのを見たのは一度や二度じゃない

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 02:42:56 ID:9a85d3b0a

    浦和みたいなとこもあるけどjリーグの歴史が浅いのが原因だろうねプロ野球でも生まれた時から阪神ファン!みたいな人は熱が違うし、逆にできたばっかの楽天は全体的に穏やか

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:24:14 ID:c6aadda5c

    これについては色んな意見があると思うけど、個人的には日本の良いところだと思ってる。当然、批判はあって然るべきだが、選手に罵声を浴びせるサポーターの姿は見てて気持ちのいいもんじゃないし、自分もそこに参加しようとも思えない。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:31:21 ID:fbb9bf0f1

    いまだにイニエスタの神戸ユニを見慣れない(笑)将来はバルサに戻って幹部コースかなと思うけど、少しでも長く日本でプレーして欲しい偉大なプレーヤー。

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:53:27 ID:e96eff11e

    そういうのを甘いという意見はあるとは思いますが、イニエスタはそういう他の国の文化をリスペクトしてくれているのだと思います。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 02:06:37 ID:e9cdd823d

    子供も女性も安心して観戦できるjリーグはいいと思います

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:34:19 ID:6ec650b23

    皮肉ですね。分かります。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:58:21 ID:af71bf3f4

    敗戦国の性??敗戦の美学??負け方にもよるだろうけど、しっかり戦っていれば喝采するのでしょう!?叱咤激励するサポーターが多いと強いクラブになると思う!言葉が分からないっていうイニエスタの茶目っ気いいなぁー!実際鈍感力が必要な時もある!w

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:03:51 ID:7ea858a31

    サポ「レジェンドを獲得しまくってるのにチームがバラバラじゃねえか!」イニエスタ「みんなちゃんとまとまてるよ」サポ「やる気あんのか!」イニエスタ「次は絶対勝つ」サポ「その言葉、信じていいんだな」ビジャ「次は絶対勝つ」サポ「ミーキターニ(大合唱)」

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 03:11:50 ID:60b3fff68

    神戸ファンだけでなくあなたのプレーを見たくて観戦に来た人がいかに多いかということだと思いますよ!来シーズンは神戸ファンも含めてチームとしての結果が問われる時期がくると思う!簡単ではないだろうけど来シーズンの活躍期待しています。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:25:27 ID:6d488fbd6

    イニエスタのおかげでビジャもきたといっても過言ではないだろ。今後有名選手が来ることになればイニエスタを招聘した三木谷さんすげーよ。影響力半端ない。

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:43:44 ID:0d70156ed

    個人的には背中押す、鼓舞する力は少し弱い感じする。もっと行けと言う時弱い感じ?でも、ダメな時も次頑張れと言うのは常に出てる様に感じる其れが日本なのかな?降格の時も来年直ぐ戻ろう見たいになるし、でも野球やバスケの応援とは、違うのは分かるね。

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:22:13 ID:7148931c4

    やっぱりプレッシャー半端ないんだろうね。バルセロナは勝って当たり前みたいなクラブだし。神戸の環境を気に入ってくれたのは嬉しいね。出来れば長く日本でプレーしてほしい。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:24:11 ID:46b059cdf

    日本人は優しすぎる。おとなし過ぎる。そこがいい時もあれば駄目な時も多い。

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:58:13 ID:37f44d9f0

    イニエスタが喝采と言ったかどうかはわからないですがヴィッセルサポーターの多くは負けた時に選手にヤジや罵声やブーイングを浴びせません。悔しい思いや怒りを声量と音圧に変えてチャントを歌い続けます。選手が一人も見えなくなるまで。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:44:21 ID:7605215aa

    小遣い稼ぎと観光を兼ねて適当にやって来て帰るかと思いきや、奥さんと一緒に日本語の勉強までやってたとは驚き…と言うか、他サポながらも応援したくなりますね(^ω^)

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:27:50 ID:eefd82674

    イニエスタはずっと日本にいてほしい!本当に素晴らしい選手だ。日本に来てから大好きになったよ!もっと日本を堪能してね!

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:28:16 ID:1ee07d967

    >彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ。↑そんなファンがいるから、ブラジルW杯みたいに結果が出ない大会で惨敗しても、空港てキャーキャーいう様なアホなファンを生み出すんだけどな負け試合全てに必ずしもブーイングしろとまでは言わないが、負けて喝采してる連中はアホだと思う

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:35:53 ID:4bc7695e7

    負けて「喝采」とは言ってないぞ?この記事ねじ曲げてる。

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:44:46 ID:b53f88b97

    負けても批判しない日本のサポーターがいるから、日本代表または日本サッカーは強くならない。サポーターがこの調子のままなら、間違いなく発展はない。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 02:08:34 ID:04b6c7517

    負けたらってより、負けた後のコメントで毎回同じような言い訳じみたことを言ってたら確実にブーイングする毎試合戦う姿勢を見せて前回の敗因を克服した上で負けてしまうなら仕方ない部分もあるなと思う

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:21:25 ID:39cfb40e3

    日本の文化や環境に慣れてきてくれているのは嬉しい。他の国から見れば勝利への執着がないと思われるかもしれない。でもこれが日本の良さでもある。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:00:07 ID:b0321360d

    これが日本の良い所なんやけどねーやっぱりスポーツは勝ってナンボやんね~ましてプロやねんから

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:28:10 ID:94d654a5b

    代表戦だと負けたのに拍手してんじゃねぇよ、黄色い声援を呑気に送るなよって声も多いけどね。でも天下のイニエスタ様に怒号なんて誰も飛ばせませんよw

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:50:24 ID:f2fb8bf08

    日本は欧州と比べて勝利への執着心が劣る印象。それが良いか悪いかは別にして

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:55:24 ID:149da774b

    メリハリのない応援ってこと?

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:29:28 ID:f82602c17

    欧州だとホームチームが不甲斐ない試合で負けてたら続々と席を立ちタイムアップの頃に空席が目立つけど日本はクラブにしろ代表してもそういう光景はない最後まで応援し続ける姿勢は美徳として受け止めてもいいのでは。

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/18 23:38:25 ID:b10904037

    それが日本のいいとこでも有り、悪いとこでもある。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:03:12 ID:9534dc559

    日本の夏はキライかもね

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 02:59:24 ID:88abfd987

    外国語が分からないから海外のサポーターの熱量を何か凄いものとしてだけ見れるってのはあるよね。自分はそう。何言ってるか聞き取れたら同じ考えではいられないかも。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:08:07 ID:582620d0a

    ポドルスキ、イニエスタ、トーレス、ビジャが日本に来てくれたことが大変嬉しい。長く日本にいてほしい。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 02:24:32 ID:f685ff0e2

    海外では負け→ブーイング、野次。選手は強くなったり、カッコよく見えたりするけど、Jリーグはブーイングや野次だけじゃないってこと。普通にしたりします。ただ、喝采したりする。それは頑張ったねとかじゃなくて、次の試合へ鼓舞してる。どれも同じリーグじゃなくて、個性や文化がある方が面白い

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 01:52:39 ID:37144d687

    ポドルフスキの孤独が心配

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2019/02/19 00:29:18 ID:307948557

    逆にいうとぬるい

まとめ

逆にいうとぬるい

以上、イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」のまとめでした。


Source: It’s a Sports World !
イニエスタ、日本のサポーター文化に感銘受ける「負けたときにさえ喝采してくれる」