【フィギュアスケート】21日 羽生結弦、復帰戦SPは3位発進 宇野は6位、チェン圧巻演技で首位 フィギュア世界選手権

1 ひろし ★ :2019/03/21(木) 20:59:42.80 ID:pCMpIg/W9.net

3/21(木) 20:56配信

 ◇フィギュアスケート世界選手権第2日(2019年3月21日 さいたまスーパーアリーナ)

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇で3度目の世界選手権制覇を狙う羽生結弦(ANA)は94・87点で3位発進となった。

 右足首を痛めながら演技した昨年11月17日のロシア杯フリー以来、王者が124日ぶりに勝負のリンクに立った。「秋によせて」を流しての滑走。羽生が冒頭の4回転サルコーは抜けてしまったが、その後のトリプルアクセルはきっちり着氷。トーループの4―3回転も決めた。鮮やかなスピン、ステップに満員の観衆から拍手が送られた。

 宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は91・40点、田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)は78・76点、ネーサン・チェン(19=米国)が完璧演技で107・40点をマークして首位、ジェーソン・ブラウン(

24=米国)が自己ベストを更新する96・81点で3位に付けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000236-spnannex-spo


(出典 Youtube)


(出典 Youtube)

続きを読む

Source: 愛すべきアスリート
【フィギュアスケート】21日 羽生結弦、復帰戦SPは3位発進 宇野は6位、チェン圧巻演技で首位 フィギュア世界選手権