バドミントン男子ダブルス日本代表遠藤大由選手、全英優勝も「実は課題が見つかった」とコメント

スポーツ

バド遠藤大由、全英制覇し「実は課題が見つかった」

zenei

2大会連続の五輪出場を狙う遠藤は、30代のベテランだ。1年延期となった五輪を34歳で迎えることになったが、未来へ大きな希望を感じている。今年開催だと「間に合わない」という不安があったという。「もう少し時間があったら、もっと良くなると感じていた」からだ
渡辺勇大(22=日本ユニシス)とペアを組み、全英を制覇。「実は優勝してから課題が見つかった。帰国後は考えられなかったが、試合を振り返って、レシーブがしっかりできていなかったり、動けていなかったり。ウソだろって思うくらい下手な時もあった」と新たな発見があったことを明かした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-24210047-nksports-spo

日本選手初の男子ダブルス全英オープン優勝も、己を過信せず次の進化へと前進をする。

これが強さの秘訣なのでしょうね。

たしかに、レシーブに関しては元バドミントン日本代表でyoutuberの田児賢一選手もコメントを残していました。

この投稿をInstagramで見る

きたーーー‼️‼️‼️‼️‼️‼️ 久しぶりにバドミントンの試合観て興奮したぜー😊‼️ これはすごい🎊🎊🎊 本当におめでとう㊗️㊗️🎉🎈🎈🍾 特に遠藤さん! まだ色々大会あると思うけどとりあえず本当によかった😭 昔から色々知ってるだけに色々思う所がありました🙏 本当におめでとうございます🍾㊗️🍾 # ここからは炎上覚悟で書かせていただきます。 今回の試合を観てて興奮して応援してる自分を居たが冷静に試合を分析してる自分も居た。 それを踏まえて言わせてもらうと今のプレーのままだとオリンピックではもっと苦戦すると思う。 ディフェンスの主体のプレー。 これはこれでいいと思う。 でもこれを本当にやっていこうと思うならもっともっとディフェンスを強化しないといけない。 もっとプレッシャーのかかった試合で今のプレーが本当にできるのかどうか。(全英の決勝でできるだけ既にすごい) だけどおれは本当にこの2人にオリンピックでメダルを取って欲しいからあえて言わせていただきました。 TAGOKEN の予想、本人達もそれを感じていると思う。 実際ファイナルゲームうまくディフェンスできてない部分が多かった。 ワタエンのディフェンス力が凄いのはよくわかる。だけどもっと色々できることはある。 これが正直な僕の感想。 セルジオ越後さんとか張本さんとかメンタルクソ強いなー^ ^笑笑 日本バドミントンの為に炎上覚悟で書かせていただきました。 もっとよくなる🙂🙂🙂 寝ます、おやすみ^ ^ #ワタエン #全英オープン優勝 #オリンピック金メダル目指して #絶対いける #セルジオ越後 #張本勲 #御意見番 #本当におめでとう #遠藤さん #優しい #寝るおやすみなさい

Kenichi tago(@kenichi.tago)がシェアした投稿 –

//www.instagram.com/embed.js

遠藤選手自身も田児賢一選手の意見に気づいていた、ということでしょう。
来年のオリンピックは期待大です!


Source: バドミントン速報!バドミントンまとめサイト!バド速
バドミントン男子ダブルス日本代表遠藤大由選手、全英優勝も「実は課題が見つかった」とコメント