渡辺勇大選手「前進する時間が1年増え、また強くなれるチャンスを与えてくれた。楽しみで仕方がないですよ」

スポーツ

【バドミントン】渡辺勇大 コロナに負けない超ポジティブワード

yuta

【どうなる?東京五輪パラリンピック(13)】バドミントンの男子ダブルス&混合ダブルスで東京五輪を目指す渡辺勇大(22=日本ユニシス)が本紙の電話インタビューに応じて心境を激白した。3月の全英オープンの男子ダブルスでは遠藤大由(33=同)とのペアで日本勢初Vの偉業を達成。その直後に五輪の1年延期が決まり、選考レースや練習日程も白紙となったが、驚くほど前向きに「今」を生きている。不安、戸惑い、混乱が続く世の中に対し、ポジティブな男らしいメッセージを送った。

中略——

 渡辺は現在、千葉県内の自宅でトレーニングを重ねている。5キロのダンベルを手に筋トレに励み、近所をランニング。公園では鉄棒で懸垂するなど工夫をこらして体力、筋力を維持する。自他ともに認める超プラス思考の渡辺に「この苦境をどうプラスに変えるか?」と問うと「その『変える』って表現が正しくないですね。変化じゃなくて前進するだけ。前進する時間が1年増え、また強くなれるチャンスを与えてくれた。楽しみで仕方がないですよ」と超前向きだ。

引用サイト:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/1810365/

https://platform.twitter.com/widgets.js//platform.twitter.com/widgets.js

Source: バドミントン速報!バドミントンまとめサイト!バド速
渡辺勇大選手「前進する時間が1年増え、また強くなれるチャンスを与えてくれた。楽しみで仕方がないですよ」